上海地下鉄1日乗車券を使って浦東空港から朱家角と七宝の水郷を訪れる

上海に到着した初日、

ピーチ(Peach)羽田~上海浦東/チェックインから搭乗まで往復でご紹介
羽田空港から上海浦東へピーチの深夜便で行きます。チェックインカウンターや搭乗ゲートまでを往復でご紹介しますので浦東国際空港第2ターミナルからも参考にしていただけたらと思います。

今日はホテルのチェックインまで時間があるので空港から地下鉄で行ける2つの水郷、「朱家角」と「七宝」に行き

朱家角

時間や体力があれば七宝からは9号線で行ける田子坊の街も見てみようかと思っています。

上海(以外も)で地下鉄に乗る予定の方はアプリ、海外乗換案内/路線図-NAVITIME Transit など入れておくと役に立つはずで

オフラインでも路線図(英語表記もあり)、路線番号がわかって便利でした。

では、行き方、地下鉄の乗り方を中心にご紹介します。

朱家角

地下鉄1日券購入~2号線と17号線

上海浦東空港、第1と第2ターミナルを結ぶ中央の連絡通路(五洲中路)に面して地下鉄の改札、切符販売機があります。

(向かい側にはリニアのカウンターもあります)

左に

この改札と販売機の間に窓口があって

24時間使用可能な地下鉄1日券などはここで購入できます。

「ワンデイチケット」で通じました。18元(この時のレートで300円ちょっと)で3日券は45元になります。

窓口

改札手前に荷物チェックがありますのでベルトに荷物をのせ、

そして改札に1日券(カード)をタッチしてバーを押して入って行きます。

タッチしても特に音はならず表示されてる文字が変わるだけで、分かりづらいですが1回タッチしたらバーを押して大丈夫です。

左側のエスカレーターで降りて行くと2号線の上海市内方向のホームに出ます。

ホームへ

空港からは空いていますし座れますが

通勤ラッシュの時間でしたので直ぐに満員になりましたので

スーツケースのある方は時間をずらすかバスで行った方がと思います。上に荷物を置く棚がなく膝の上に置ける大きさ位が限度です。

列車内

8つ目の広蘭路(Guanglan Road)という駅で全員降りて向かい側に止まっている電車に乗り換えます、まだ2号線です。

このまま虹橋火車駅(Hongqiao Railway Station)まで行き

虹橋

17号線に乗り換えます。

降りたホームの向かい側に電車が入ってきまして、通勤ラッシュのピークを過ぎていたのでこちらは空いていました。

*浦東空港第2ターミナル到着からリニアや地下鉄改札まではこちらをご覧ください

上海浦東空港到着からATMの場所と操作方法(キャッシング他)第2ターミナル
ピーチで上海浦東国際空港第2ターミナルに到着しました。到着から入国手続き、地下鉄までの歩く経路や、人民元に両替する為ATMでのキャッシング、デビットカードでの引き出しを紹介します。

朱家角古鎮

そして空港から2時間以上かかったと思います、朱家角駅に到着です。

1日券(カード)を上のQRコードセンサーにかざして

QRコード

改札を出たら1号出口へ向かいます。

1番出口へ

1号出口から出ましたら左へ、左側に池を見る方向に行き

左に池

すぐに朱家角古鎮への案内が出てきますので、ここを右に渡り渡った方向へずっと真っすぐ行きます。

渡って

渡ると自転車タクシーが止まっています。

歩くのはちょっと、という方は試してみて下さい。

自転車タクシー

お店が並んでいますので食べ歩きを始めてもいいかもしれませんね。

途中にも案内の矢印があり

真っすぐ

左側に赤い字で「朱家角」の文字が見えたら、ここを左に行った奥が観光地になっています。

ここを左に

駅から歩いて15分位ではないでしょうか。

まっすぐ歩いて行くと突き当たりますが、どちらからでも大丈夫ですので今回は右から行ってみます。

真っすぐ

大きな橋を渡るとお土産屋などあり、

中国の橋

ここは人通りが少ないですが、反対側は歩くのが大変なくらい混雑していました。

ちなみに平日の午前中です。

細い路地

川沿いを歩いたり船に揺られるっていうのも良いかもしれません。

船

ではゆっくり見てきてください。

朱家角も七宝も入館料などありませんので、あまりお金は使わないで観光することも可能です。

*上海の環境や治安など書いています

6日間中国に滞在して感じた環境や治安、人々について書いてみました
中国へ行く前に治安や中国人について調べておいた事と、実際に行ってみてでは差がありましたので環境、治安、人々を中心に感じたことを書いてみました。お勧めの持ち物、町などもあわせてご紹介します。

七宝(朱家角から地下鉄17号線と10号線で)

朱家角の駅に戻り17号線で虹橋火車駅へ行ったら10号線に乗り換えます。

10号線への案内矢印に沿って階段を上がり、隣のホームに行きますが

10号線へ

上海の地下鉄は1つの駅に乗換路線が多くても4つ(ほとんど2つ以下)でしたので東京よりも分かりやすいのでは、

と感じました。

入ってきた電車に乗り4つ目の竜溪路(Longxi Road)で同じく10号線の航中路(Hangzhong Road)行きに乗り換えが必要ですので降ります。

地下鉄路線

ここで待つのか、別のホームへ移動するのか分からなかったため近くにいた駅員に聞いてみました。

「ハンゾンロード、where ?」で通じまして、「階段上がって隣のホーム」とジェスチャー交じりで説明してくれます。

もし通じなかったら路線図の駅名を拡大して見せるか、紙に書いて見せれば分かってくれると思います。

七宝の最寄り駅ではないですが近くの航中路駅に到着。

出口から外に出るとmobikeやofoなどたくさんのレンタル自転車が並んでいました。

レンタル

今回は登録していないのでグーグルマップを見ながら歩きます。

*このSIMカードを使っています

「中国聯通香港」と「Three中国・香港・澳門」のSIM2種類の特徴と設定
中国聯通香港とThree(3)、2種類のSIMカードを日本で購入し上海、杭州で使ってみました。古い機種の場合ローミングON、APN設定だけではネットに繋がらなかったため対処法も含め設定方法を中心に書きました。

駅すぐ横の大通りを進んで行くと

歩いて

途中、右側にオフィスビルが立ち並び、

オフィスビル

さらに真っすぐ行くと右側に大きな門が出てきますので入って行き、

門から

しばらく行くと七宝老街の入り口が見えてきます。

ここまで駅から歩いて15分位です。

七宝

朱家角と同じでお土産屋が多数並んでいまして似ているものもありますね。

お土産

朱家角のコンパクト版っと言ったら失礼かもしれませんが、

そんな雰囲気です。

コンパクト

歩いていたら雨が降ってきてしまったので最寄りの9号線、七宝駅から3号線沿いにある予約したホテルに向かい

(乗換の案内矢印がありますので分かりやすい)

3号線へ

予定していた田子坊は後日にし

この後ホテルにチェックイン後すぐに眠りについてしまいました。深夜便は体にこたえます。

2日後に行った時の写真です、田子坊は9号線の打浦橋(Dapuqiao)の1号出口を出るとほぼ目の前。

田子坊

それと今回は17号線から10号線のみを使って七宝に行きましたが、

歩く時間、距離を考えると素直に3号線または4号線から9号線に乗り七宝駅まで行っても良かったかもと思っています。

挿入

その辺は上海の地下鉄路線図を見て決めて下さい。

上海初日に1日券で地下鉄に慣れてしまったので翌日からの地下鉄での移動は楽でした、1日券18元分のもとを取れたかは分かりませんが。

では、水の街楽しんで来てください。

*地下鉄の駅名ですが、中文表記は違う場合がありますので路線図等で確認して下さい