よくばりWiFiは使い放題無制限で1ヶ月もOK!どんなときもWiFiとの違いは?

よくばりWiFiというのがありました。

どんなときもWiFiと端末が似ているし、月額もほぼ同じ、そしてWiFiレンタル。

というわけで

何か違いがあるのか、など探ってみました。

*金額は税別

よくばりWiFiの特徴

よくばりWiFiの特徴を挙げてみますと

  • 月3,450円で2年契約
  • 1ヶ月の場合は4,880円
  • 使い放題無制限(速度制限なし
  • 海外でもそのまま使えるが別料金
  • 支払はクレジットカードのみ

こんな感じで「どんなときもWiFi」と似ています。

速度制限なしと書きましたが、

著しくネットワークを占有するレベルで大容量通信をした場合は384Kbpsに制限される場合がある、

とありまして

”著しく”ですからゲームやYouTubeの長時間でしたら問題ないかと思います。

よくばりWiFi

出典:よくばりWiFi

それから、

上の写真にある最大2ヶ月0円はキャンペーンで、端末補償(後述します)との同時加入が条件になっています。

では

「どんなときもWiFi」との相違点を見ていきます。

よくばりWiFiとどんなときもWiFiの違い

月額と初期費用(1ヶ月でもOK)

国内での料金はそれほど変わりはなく

基本的にどちらも2年(25ヶ月)契約ですが初期費用の額が違っていて

よくばりWiFi どんなときもWiFi
月額 3,450円 3,480円
2年間合計 86,250円 87,000円
初期費用 3,800円 3,000円
トータル(初期費用を含む) 90,050円 90,000円

*どんなときもWiFiの初月は日割り

トータルで50円の差です。

よくばりWiFiの支払方法はデビットカードやプリペイドカード、口座振替は不可でクレジットカードのみ

VISA、マスター、JCB、AMEX、ダイナースが使えます。

*お勧めのクレジットカードはこちら

39歳以下WEB限定のJCBカードW / W plus Lは年会費無料、海外でもJCB
年会費無料で持てるWEB限定、JCB CARD W / JCB CARD W plus Lの海外旅行保険やポイント、サービス、申し込み条件など気になる部分をピックアップして解説します。なかなかお得なカードとなっています。

また

1ヶ月払いも出来ますが4,880円と高いので、短期間のレンタルでしたらDMMのWiFiレンタルの方がお勧めです。

レンタルWi-Fiは日本だけで使うならDMMのレンタルサービスが一番安い
「DMMいろいろレンタル」のポケットWi-Fiについて端末や料金、デメリットなどを紹介します。最近は購入するよりも借りて使う方が主流になってきていますが、その中でも特に魅力的な料金体系のDMMのレンタルサービスです。

海外利用時の料金と利用可能国

海外利用については共に別料金(非課税)で

金額もちょっと違いますし、利用国によっても変わってきます。

どんなときもWiFiが地域ごとに料金設定されているのに対し

  • 1,280円/1日 ー アジア・ヨーロッパ・北米
  • 1,880円/1日 ー 中東・中南米・アフリカ

よくばりWiFiの場合は

1日1,250円で使える国と1,850円の国があり地域ごとに分かれていません。

一応全部書き出してみました。

1,250円/1日で利用できる国

アジア・中東

韓国、台湾、中国、香港、マカオ、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インド、パキスタン、ネパール、スリランカ、カザフスタン、カタール、サウジアラビア、イスラエル、ヨルダン

オセアニア

オーストラリア、グアム、サイパン

ヨーロッパ

イタリア、フランス、ポルトガル、スペイン、イギリス、ドイツ、オランダ、アイスランド、ロシア、ウクライナ、トルコ、チェコ共和国、ポーランド、スイス、フィンランド、ジャージー、マン島、ジブラルタル、スロベニア、スロバキア、リトアニア、ルーマニア、セルビア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、デンマーク、エストニア、ギリシャ、クロアチア、アイルランド、ラトビア、ノルウェー、スウェーデン、ハンガリー、マケドニア

北米

アメリカ(ハワイ含む)、プエルトリコ、メキシコ、カナダ

南米

ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、パナマ、ペルー、ベネズエラ

アフリカ

西サハラ、モロッコ、ケニア、エジプト

1,850円/1日で利用できる国

アジア・中東

クウェート、オマーン、UAE、バングラデシュ、バーレーン、モンゴル、ビルマ、ブルネイ

オセアニア

ニュージーランド、フィジー

ヨーロッパ

ボスニアヘルツェゴビナ、ルクセンブルク、マルタ、キプロス、ガーンジー島、モンテネグロ、アルバニア

北米

マルティニーク、セントマーチン

南米

ボリビア、ガイアナ、コスタリカ、エクアドル

アフリカ

ナイジェリア、ガーナ、アルジェリア、チュニジア、ザンビア、モーリシャス、南アフリカ、マダガスカル

以上の国で使えまして

日本時間のAM9:00から翌8:59までが1日で、使った日のみ料金が発生します。

海外利用時の盗難、紛失についてはオプションの端末補償が月380円で用意されていますが

どんなときもWi-Fiは補償も含まれています。

(共に海外のみ)

いずれにしても海外利用はちょっと高いですから、現地SIMなどをスマホに入れて使うか

WiMAXでも一部海外SIMが使えるので、そちらの方がと思います。

WiMAX W06はシムフリーか、海外SIMカードは使えるのか、試してみた
WiMAXの新しい端末W06はシムフリーなのか?と疑問を持った方は見て下さい。楽天モバイルの通話SIM(ドコモ系)を入れてのプロファイル(APN)設定や海外SIMカードを使う場合の注意点など書いています。

契約解除料の金額

そして、ルーターがレンタルですからどちらも契約期間終了後は返却が必要になり

よくばりWiFiの解約は

解約しようとする月の前月末までに連絡し、解約月の翌月10日までに指定宛先まで端末を郵送します。

(送料こちら持ち)

解約

これをしないと

または、返却時に故障している場合は18,000円が請求される場合がありますので忘れずに。

途中解約

契約期間の途中で解約する場合は注意で

他のポケットWiFiなどでもそうですが契約解除料が発生します。

0~12ヶ月目 13~24ヶ月目 25ヶ月目 26ヶ月目~
よくばりWiFi 18,000円 12,000円 なし 9,500円
どんなときもWiFi 19,000円 14,000円 なし 9,500円

*0ヶ月目は利用開始月

回線はソフトバンク

それから端末はU2Sで

よくばり端末

よくばりWiFiがソフトバンク回線を使っているのに対し

どんなときもWiFiは

ドコモ、au、ソフトバンクのうち、現在いる場所に適した回線に自動で繋がる点が違っていますから

スマホがソフトバンク回線以外の人によくばりWiFiは適していそうです。

以上、

よくばりWiFiを中心に紹介しました、国内で自宅でも外出時でもガンガン使う人にピッタリだと思います。