WiMAX(ワイマックス)を使う利点とそのサービス提供元UQ WiMAXの料金

外出時に気軽に持ち運べるポケットWiFiで人気のWiMAX(ワイマックス)、

Y!mobileのライバルですね。

どちらも、こんな感じで小型の端末ですから持ち歩いている人も多く

ポケットWiFi

使ったことはないけど”気になっている”って人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、

WiMAXとは、

これを使うメリット、

そのサービス提供元であるUQ WiMAXの料金についてを他プロバイダーと比較しながら見て行きたいと思います。

*価格は税別です

WiMAX(ワイマックス)とは

ポケットWiFi

まずはポケットWiFi(モバイルルーター)の特徴ですが

  • 配線工事不要だから部屋がすっきりして
  • 購入後、端末が届けばすぐにネットが使える
  • 引っ越し後でもすぐに使える
  • 持ち運べて外でも使え
  • たっぷりネットが楽しめる
  • そして料金も安い

とりわけ、

電池の持ちが良いにもかかわらず持ち運び時にも邪魔にならないサイズ、そして軽さが大きな武器です。

端末

出典:UQコミュニケーションズ

WiMAX(ワイマックス)とは

WiMAXとは、ネット接続するのに必要な”通信方式の1つ”のことで

UQモバイルで有名なUQコミュニケーションズ社が通信サービスを提供しています。WiMAXの大元です。

そして、

その大元だけでなくプロバイダーと呼ばれる販売代理店も多くあり、

GMOとくとくBBやSo-net、BIGLOBEなどがこれにあたります。

で、通信方式ですが

WiMAXに対してライバルのY!mobileはSoftbankのLTE回線を使っていて

ワイモバイルやヤフーのポケットWiFiよりNEXTmobileなどの方がお勧めです
Y!mobileやYahooのポケットWiFiの広告見たことありますか?「2,480円」とか「無制限」という言葉でクリックする前に、同じソフトバンク回線のネクストモバイルやフジワイファイと比べてみて下さい。

WiMAXもY!mobileも速度は結構出ますが、

WiMAXは建物内で電波が弱い時があり、エリアが比較的狭い

圏外

Y!mobileはエリアは広いが容量が少なく速度制限にかかりやすい

という欠点がどちらにもあります。

WiMAXの前にY!mobileを使っていましたが

通信量無制限(実際には7GB)のはずなのに”もう”という感じで速度制限にかかってしまう事がしばしばありましたし、

WiMAXの場合は

電波が弱くなった時の為にau 4G LTEのモードが用意されていますから

エリアに入っていて、地下やビル内等で使う割合が少ないようでしたらWiMAXの方をお勧めします。

それから最近では、

固定回線代わりに使えるホームルーターも出てきていて

ホーム

こちらも煩わしい配線工事不要、

コンセントに差すだけ(簡単な設定は必要)で使えてスピードも結構出ますから、光回線のライバルにもなりますね。

ただし、

WiMAXは短期間に多くのデータ通信を利用した場合(3日間で10GB以上)、翌日の18時頃~翌2時頃にかけて速度が制限されます。

ですので、

高画質の動画再生やゲームなどを長時間する人は光回線の方が良いと思います。

*無料で試せるTry WiMAXもあります

Try WiMAX/15日間無料で試せるルーターレンタルで速度や場所をチェック
WiMAX使ってみたいけど家はマンションなんだよね、とかお店が地下で、会社のビル内では、と不安がある方は2週間弱完全無料で試せるTry WiMAXを利用してみてはいかがですか、やり方を紹介します。

UQ WiMAXの料金とキャンペーン

WiMAXのプランはギガ放題と7GBの2つ

WiMAXのプランはギガ放題(ほぼ使い放題)か7GB、

3年か2年

を以前は選べましたが、最近はどこもギガ放題の3年プランを割引キャンペーンなどの目玉として出してきていますから

ここではギガ放題の3年プランでの料金を示してみます。

UQ WiMAXの月額料金

では、

WiMAXのサービス提供元であるUQ WiMAXの料金を見てみましょう。

端末はW06またはホームルーター型で、月初めに使い始めた場合です。

初期費用 端末代 3ヶ月目まで 4ヶ月目以降 3年間トータル
3,000円 4,800円 3,696円 4,380円 160,008円

*3年間トータルに初期費用、端末代は含めていません

3ヶ月目まではキャンペーン価格で少し安くなっていますが、

他プロバイダーの料金を知っている人から見ると”高い”のが分かってしまいます。

一応

WEBからの申し込みで3,000円キャッシュバックキャンペーンが行われていますから

ここから3,000円を引いた3年間トータルの額を、仮に月々同じ額だったらとしてみますと約4,243円になります。

ただ、他プロバイダーもそうですがWiMAXの場合、

auのスマホ・ケータイを使っているとauスマートバリューmineの適用で月々最大1,000円もスマホ代が安くなりますので

グッとお得になります。

他プロバイダーと比較

では、約4,243円を他のプロバイダーと比較してみたいと思いますが

先程とほぼ条件は同じで、クレードルなしの場合です。

キャンペーン * 初期費用 3年間トータル 月々
GMOとくとくBB キャッシュバック 3,000円 123,669円 約3,342円
nifty キャッシュバック 3,000円 132,140円 約3,571円
BIGLOBE キャッシュバック 3,000円 133,310円 約3,603円
So-net 月額割引 3,000円 145,656円 約3,937円
Broad WiMAX 月額割引 3,000円 131,352円 約3,550円

*キャンペーンのキャッシュバックは、利用後何ヶ月か経ってから指定口座に例えば3万円が振り込まれるといったもので、月額割引はキャッシュバックがない代わりに元から安いキャンペーン価格が表示されているものです

これらのプロバイダーの場合、

端末代は0円や1円となっていて既に料金に含まれていたりしますから

その分安いのもあり、

GMOとくとくBBと比較してみますと、月々約900円の差があることが分かりますね。

GMOとくとくBB WiMAXが安いのは分かったけどプランはどれを選べばいい?
GMOとくとくBB WiMAX2+にはキャッシュバック、月額割引、得の極み、の3つのプランがあり選ぶプランによって料金が違ってきます。どのプランが最安なのか、そしてそのデメリットも紹介します。

ですので、

WiMAXの利用を考えているならサービス提供元であるUQ WiMAXにこだわる必要はなく

販売代理店であるプロバイダーで契約した方がお得です。

スポンサーリンク

とは言え、

スマホがUQモバイルだったり、何かあった時に店舗があった方が安心、

という人はUQ WiMAXでも良いと思いますし、

スマホ(おしゃべりプランS)とセットで5,000円キャッシュバックキャンペーン中の「ウルトラギガMAX」もありますから

そういった人は公式サイト等覗いてみて下さい。