UCSゴールドカードはラウンジ利用と海外国内旅行保険、ロードサービス付き

大型スーパーのアピタ(APITA)、ピアゴ(PIAGO)でお得に買い物が出来るUCSカードのゴールド版、

UCSゴールドカードを紹介します。

年会費3,000円(税別)のゴールドになりますと買い物以外での特典が色々ありますから、その辺を中心に

そして、同価格帯のライバルカードと比較しながら特徴を見て行きたいと思います。

空港ラウンジ

この年会費でも国内の主要な空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の指定ラウンジが無料で利用できまして

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港
仙台空港 新潟空港 羽田空港 成田国際空港
富山空港 小松空港 中部国際空港 伊丹空港
神戸空港 関西国際空港 岡山空港 米子空港
広島空港 山口宇部空港 松山空港 徳島空港
高松空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港
熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

国内は28空港あり、

ライバルである同じ年会費3,000円のJCBゴールドエクステージカードと利用できる空港は一緒です。

旅行や出張、ハワイへ行く時は大いに活用したいですね。

ソファー

もちろん家族会員も同様に利用できますが、

同伴者は有料で金額はラウンジによって違い、ハワイはちょっと高いですが他は1,000円前後で利用できます。

旅行傷害保険

海外

旅行保険も付いています。

まずは海外から見ていきますが、ここもJCBゴールドエクステージカードと比較してみました。

UCSゴールドカード JCBゴールドエクステージ
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき200万円限度 1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき200万円限度 1回の病気につき200万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度 1回の事故につき3,000万円限度
携行品損害(自己負担3,000円) 1年間50万円限度 1旅行中50万円限度
救援者費用 200万円限度 200万円限度

賠償責任以外はほぼ同じ金額ですが

JCBゴールドエクステージが旅行代金等の一部でもカードで支払った場合に保険が適用になる利用付帯に対して、

20代でもゴールドカード!JCBゴールドエクステージの年会費は3,000円
20代限定のゴールドカード、年会費3,000円ですから日々の生活への影響も少なく、そして海外も含め旅行時には一般カードよりも充実した保険、ラウンジの利用と便利に使える事間違いなしのカードです。

UCSゴールドカードは自動付帯となっていますから、旅行前の手続きなど必要なく当該カードを持っていればいいだけですので

海外旅行保険に関してはUCSゴールドカードの方がお勧めですし、

また家族会員には保険の適用がありますが、

年会費1,000円(税別)の「UCS旅とくプラス」を付けますと、家族カードが作れない小さな子供など全員が補償の対象(家族特約)になりますから、

傷害死亡後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用 100万円限度
疾病治療費用 100万円限度
賠償責任 2,000万円限度
携行品損害(自己負担3,000円) 1年間20万円限度
救援者費用等 100万円限度

海外旅行に行く人にはこのカード、結構お勧めです。

家族の補償額がもう少しあった方がという人は、

空港ラウンジは利用できませんがミライノカードGOLD(JCB)も年会費が同じですから選択肢に入れてもいいと思います。

ミライノカードGOLD(JCB)最大の特徴は海外旅行保険/家族特約もあり
充実の海外旅行保険が付いたミライノカードゴールド、QUICPay(クイックペイ)機能付きで普段の買い物もスピーディーにでき海外でJCBのサービスも利用できるこのカードの特徴を紹介します。

国内

次に国内旅行保険です。

UCSゴールドカード JCBゴールドエクステージ
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高5,000万円
入院保険金 日額3,000円 日額5,000円
手術保険金 なし なし
通院保険金 日額2,000円 日額2,000円

国内旅行保険は

航空機や電車、バス、宿泊費、パッケージ旅行等の費用を当該カードで支払った場合に保険が適用となる利用付帯で、

日帰りバスツアーは補償の対象となっていない点は覚えておいて下さい。

国内旅行保険の補償額はちょっと少ないですが、先ほどの「UCS旅とくプラス」を付けた場合には家族も補償対象になりますから、

グッと頼もしくなります。

ロードサービス

UCSゴールドカードはロードサービスが付いているのが大きな特徴です、

車だけでなくバイクも対象になっていて一般道から高速道路までサービスは24時間年中無休。

UCSゴールド

出典:UCSゴールドカード

ロードサービスの拠点が全国約7,300ヶ所もあり、

カード会員が運転する場合はもちろん同乗の時でも、パンクやガス欠、バッテリー上がりなどフリーダイヤルで連絡するだけでOKですし、

自走不能の場合、

条件はありますがレンタカーや帰宅費用のサポート、宿泊費用のサポート、最寄りの公共交通機関までの送迎サービスなど揃っていますので心強いですね。

その他ゴールドカードの特典として、

毎年3月~翌年2月の1年間に5,000ポイントを獲得するとギフトカード3,000円分プレゼント、があります。

UCSカード共通の特典

一般カードも含めたUCSカードの特典として代表的なものを挙げてみますと、

毎月19、20、29日にアピタで買い物をすると5%OFFや、毎週金曜日、ピアゴでの買い物が5%OFF、

ピアゴ

宇佐美直営のガソリンスタンドでリッター2円引き、タイヤ、オイル、バッテリーなどは5%引き、など

これらを利用する機会の多い人にとってはメリットが大きいですね。

そして国内外を問わず、当該カードで購入した商品の破損・盗難・火災による損害を90日間、100万円まで補償するショッピング保険も付いています。

申し込みとキャンペーン

申し込みは30歳からで勤続5年以上、本人収入500万円以上で社会的な信用がある人、となっていて

年会費は3,000円(税別)で初年度無料、家族カードは1,000円(税別)ですが同時申し込みの場合は初年度無料です。

キャンペーン

携帯代がドコモ、ソフトバンク、au、Y!mobileに限られるのが残念ですが

新規入会・利用・登録で最大4,000ポイントプレゼントキャンペーンが現在行われていますので、最新の、そして詳しくは公式サイト等で確認して下さい。

UCSゴールドカード

まとめとして、このゴールドカードは

ロードサービス付き、宇佐美ガソリンスタンドでリッター2円引きですから車で旅行する場合はもちろん、

航空機の場合でも国内ラウンジ利用、海外・国内の旅行保険が付帯、と揃っていますから

家族旅行をよくする、そしてアピタかピアゴが近くにあるという人にはメリット大です。