弾いてみた動画をアップしました
よかったらどうぞ

Fender Trad tube 10R 小型真空管アンプがあったので購入、ジャンク

ハードオフで機材を買うのが毎年恒例になってしまいました。

昨年のシャーベルに続き、

Charvel(シャーベル)SDK-075が安かったので購入してしまいました
懐かしの日本製シャーベル(Charvel)ディンキーシリーズ、SDK-075が手に入りましたので紹介します。ハードオフで12,000円で売られていたので、これはすぐなくなりそうだ、という事で即決です。このギターに合うアームも紹介します。

またしても、こんな値段でいいのか?

と思えるようなアンプがあったので購入です。フリマやオークションサイトよりも安かったのではないでしょうか。

FENDER JAPAN Trad tube 10R

ハードオフにギター用の配線材やポットが売ってたような記憶があったので、久しぶりに行きました。

目的のものは無く、ジャンクコーナーを覗いていたら気になるものを発見。

trad tube

フェンダーのTrad tube 10R。古そうだけど綺麗。

ジャンクなのに1万円する小型アンプって何だ?と言いますか、こんな小型の真空管アンプなんてあったか?

というわけで後ろを覗くと

6v6gt

(購入後の写真です)

デカい真空管が1個。調べてみたらパワーチューブでプリがトランジスタでした。

普通、小型の真空管アンプと言ったらプリチューブが一般的(最近ではオールチューブもありますが)なので、かなり珍しいです。

ジャンク、音出し

値札に書かれていたのは、

”スピーカー改造”、”音は出る”、でした。

スピーカーがセレッションに交換されているだけっぽく、特に変な改造がされているようには見えなく

セレッション

早速、帰ってから音を出してみても全く普通でガリが若干あるぐらい。

最近、値段爆上がり中の真空管はエレハモ製6V6GT。これが元から付いていた物なのかは不明ですが、スピーカーが交換されている(元々セレッション?)のをみると、真空管も交換されているかもしれません。

ヘッドホンジャックなんかもあります。

ヘッドホン

前オーナーが大切に使っていたであろう、今や貴重な(?)made in Japan 。今後、出番が増えそうです。

そして、肝心な音の方ですが

クリーンはフェンダーですから悪いわけがなく、また、アンプだけでも結構歪ませられます。

GAINフルでメタルなリフまでいけちゃったりして(ちょっと強引ですが)、

結構いいです。

フェンダーの小型アンプには6V6の真空管

ところで、

今回このアンプで弾いていて思い出したのが、同じくフェンダーのTHE TWIN。

昔、スタジオやライブハウスにたまに置いてあったアンプですが、(エフェクターで)歪ませたときの中高域が気持ち良く、パワー管には6L6が付いていたと記憶しています。

調べてみると6L6の小型(低出力)版が6V6らしく、

6v6

(両方とも6V6で、左がロシア製エレハモ、右がソビエト時代の物)

6L6が付いたアンプと似ていてもおかしくないかもしれません。

パワー管での音の違いはあるのでは?と感じてしまいました。

手持ちのレイニーIRT-15h(パワー管はEL-84)とは

小型真空管ギターアンプ、Laney(レイニー)IRT-15H IRONHEART
現在私が使っているレイニー(LANEY)の小型小出力、そして低価格な真空管ギターアンプヘッドIRT-15H naked IRONHEARTのレビューです。自宅で使える真空管アンプってナカナカないと思いますがコレはいけます。音もありますのでご覧下さい。

なんとなく違い、

聴いてる人には分からないかもしれないですが、弾いてる方では感じるレベルだと思います。

SEND RETURN がある

それから、フェンダー Trad tube 10Rは

こんな小型なのにセンド・リターン(PREAMP OUTとPOWERAMP IN)端子があり、

センド・リターン

このアンプ最大の特徴であるパワーチューブを生かして、

真空管プリアンプのOUTからや、(プリ)チューブアンプのSENDからこのアンプのPOWERAMP INへ繋ぐ事も可能です。

プリから

今度、手持ちの機材を使って音出ししてみたいと思います。

こちらも、そのうち動画アップするかもしれません。

コメント