バンコク・スワンナプーム空港での乗り継ぎと国内線ラウンジを紹介します

バンコク・スワンナプーム空港で

別会社の国内線に乗り継いでチェンマイへ向かいます。

スワンナプーム空港到着からロビー、国内線チェックインカウンターやラウンジなど紹介していますので

ご覧下さい。

予約はベトジェットエアーのサイトで

ベトナム航空で羽田からハノイ・ノイバイ空港を経由して

スワンナプーム空港に11:00(日本時間13:00)頃到着しました。

ハノイ・ノイバイ空港トランジット~空港内ホテル「スリープポッド2」へも
羽田からタイへの途中ハノイ・ノイバイ空港で乗り継ぎ、一旦入国し空港内のホテル「スリープポッド(sleeppod )2」に1泊しましたので到着ロビーや出発フロアー、喫煙所の場所、シャワーも浴びれるラウンジなんかについても紹介します。

この後、

ベトジェットエアーでチェンマイへ行く予定で、予約は公式サイトからで約3,000円

スカイチケットを使って旅の準備/タイへ行くのにベトナム航空とベトジェット
航空券の予約に初めてスカイチケット(skyticket)やベトジェット・エアーのサイトを利用してみました。タイ・バンコクやチェンマイ行きで選択肢が増えてそして料金も高くないお手頃な価格で購入できましたので注意点もあわせて紹介します。

と、

結構安く買えたかなと思っています。

スワンナプーム空港で乗り継ぎ

バンコク・スワンナプーム空港到着

スワンナプーム空港で別の航空会社へ乗り継ぎなので

一旦入国ですが

イミグレ手前までは同じ経路を歩きまして

乗り継ぎも

左側のイミグレへ行きます。

同じ航空会社の場合は、基本的に入国せずまっすぐなはずで

イミグレへ

そして、

タイに入国して到着ロビーへ

到着ロビーへ出る前のイミグレ(入国審査場)が混んでいました。

30分以上だったと思います、

長い行列で待たされ疲れてしまい、一休みできそうな場所を探すと

比較的シート数が多く、すいている1階や

スワンナプーム1階

飲食店も多い地下1階がリラックスできそうです。

スワンナプーム地下

到着ロビーに出るとエスカレーターがありますから、時間のある方は

1つ降りてみて下さい。

  • 4階 ― 出発ロビー
  • 3階 ― レストランなど
  • 2階 ― 到着ロビー
  • 1階 ― タクシー乗り場
  • 地下 ― レストラン、鉄道駅

ちなみに

到着ロビー(2F)は横長で、両替所やATMは2階の他にも1階の外側や3階

それから地下にもあり、結構目につく所にあります。

スワンナプームATM

2階と3階は人が多いですが

2階でも国内線の方へ行った端の方なら人が多くなく、カフェやシートでくつろげそうです。

スワンナプーム空港到着

簡単に書いてみました、実際はもっと横に長いですし

シートもいたる所にあります。

*タイのATM操作方法についてはこちらをどうぞ

イオンJCBデビットはタイでもお勧め/220バーツのATM手数料はかからない
タイのATMでデビットカードで現金を引き出すと220バーツの現地ATM利用料がかかりますが、ベトナムでJCBデビットを使ってみたところかかりませんでした。なので今回はイオンと楽天のJCBデビットをタイで使ってみます。ATM手数料はかかるのか?
タイ・ドンムアン空港のATMでキャッシングとデビットカードでの引出し
タイ・バンコクのドンムアン空港に到着してバス等で移動する前にタイ・バーツへの両替が必要になってきます。クレジットカードでのキャッシングやデビットカードでATMから現金を引出した場合はお得なのか2つの銀行で検証してみました。

喫煙所は空港の外

喫煙所は1階の外、

少し離れた場所で

スワンナプーム空港喫煙所

それから、

ドンムアン空港のような到着後に利用できるラウンジは今の所はないですから、早めにチェックインしてしまった方が良さそうです。

タイのSIMカード

SIMカードは到着ロビーなどにも売っていますが

スワンナプームSIM

日本で購入していった方が全然安いので

今回はAISの通話SIMを使っています。

スワンナプーム空港・出発ロビーとラウンジ

スワンナプーム空港の出発ロビーへ

では、

出発ロビーのある4階に行きましょう。

出発ロビーへ

案内板でベトジェットエアーを探し

行ってみると、2時間ちょっと前ですが空いていました。

ベトジェットカウンター

ベトナム以外の国でのチェックイン時間は

2~3時間前から50分前までで、

この時はパスポートのみでOKで、終わると近くにこんな案内板がありますので

国内線は左

「国内線は左」に従い、荷物検査を受け歩いて行くと

ゲート付近に出ます。

B1

左右に分かれるんですが、今回のB1ゲートはすぐ近くで時間もありますので

左へ行ってラウンジを探します。

国内線ラウンジとフードコート

左に行くとすぐにラウンジへの案内板も出ていて

ラウンジ方向

この写真(↑)の左奥にはフードコートもありますから

フードコート

時間が少ない場合はこちらでも良いと思います。

そして、まっすぐ行くと手前からA1、A2、A3 ・・・とゲートが並んでいるんですが

プライオリティパスが使えるラウンジはA3ゲートの前にあり

国内線ラウンジ

バンコクエアウェイズのラウンジで

内部はシックですね。

ラウンジ内

そして、食事。

また食事

空港内の食事はほとんどラウンジで済ませます。

楽天プレミアムカードで何回でもタダですから

プライオリティパスだけじゃない楽天プレミアムカードのお得なポイント
楽天プレミアムカード最大の特徴はプライオリティパスですが、これ以外にもトラベルデスク利用や海外旅行保険が付帯、また国内でもラウンジが利用出来たりと意外と知られていないものも紹介します。ご覧下さい。

海外によく行かれる人にはお勧めです。

このラウンジはシャワーもあり、空いていて落ち着けるはずですから国内線利用の時は行ってみて下さい。