住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードの特徴と使ってみて

クレジットカードは以前から使っていたのですが、デビットカードは良く分からなくて手を出さずにいました。

最近どんなものか気になりだしてしまい、

住信SBIネット銀行を利用していたこともあり同行のVISAデビットカードを申し込み、早速使ってみましたので

その特徴と使い方、良さをお伝えできたらと思います。

デビットカードの特徴

簡単にデビットカードの特徴を紹介しますと

クレジットカードとは違って利用すると即時に銀行の口座から引き落としとなり、支払いは1回払いのみ

現金の代わりに使える決済用のカードになります。

VISA

出典:住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

即時に引き落とされ、

口座に残高がないと利用できないことから使い過ぎを防げるのがポイントです。

住信SBIネット銀行デビットカードの使い方

国内の店舗で使ってみて

まずは日本で

普段の生活の中で良く利用されるであろうコンビニ、スーパー、ドラッグストアで使ってみました。

VISAマークのあるお店で使えます。

現金の代わりにカードを出し「1回で」と言えば、ほぼ大丈夫で、サインの記入や暗証番号の入力はありませんでした。

レジの人が、ピッ、とやって領収書(レシート)を受け取って終わりです。

レシート

コンビニで1度だけ「1回で」や「VISAで」と言っても通用せず、

クレジット」と言わないと通じなかったです。受け取る領収書にはクレジット売上票やクレジット支払と書いてあり

どうやらクレジットカードと同じ扱いのようで

ローソンではレジ前にある小さな端末にカード入れ、「承認されました」と出るまで差し込んだままにします、入れる向きは下のスーパーの写真と同じです。

*2018年12月追記 最近セブンイレブンも端末タイプになっています

それからスーパーによってはレジ横に設置された小さな機械を操作するものもあり

画面の「クレジット」をタッチしてカードを入れ、「レシート」をタッチして持ち帰るだけですので難しくはありません。

カードを入れる向きだけ注意です。

カード向き

今の所、

サインや暗証番号が必要になったことはなく(少額だったからかもしれません)会計が非常にスムーズに済み

小銭を持たなくなったので財布が軽くなった、というメリットもあります。

もちろん、手数料はかかりません

私はTカードを持っているのでファミリーマートやウェルシアでも利用しましたが、Tポイントも付きますし

SBIデビットVISAブルー

また、

利用するとメールでお知らせが届きますから、万が一の不正利用にも早期発見につながり安心です。

*高速道路料金、航空機の機内販売など一部利用できない場所があります

海外で利用

海外での利用時も特に難しいことはなく支払い時にカードを提示すればOKで

暗証番号が必要な場合は、店員さんが小さな端末を出しますから4桁を入力し「enter」を押すだけですし、

4桁OK

サインの場合もレシートを出されたらサインするだけです。

海外ATMで現地通貨を引き出す場合は、

VISAまたはPLUSマークのあるATMを探しますが、ほぼマークは入っているような気がしまして

ノイバイATM2

基本的な操作方法は

  1. カードを入れる
  2. 言語を選択する
  3. PIN(暗証番号4桁)を入力後「ENTER」を押す
  4. 「Withdrawal」を選択する
  5. 「Savings」を選択する(キャッシングの場合は「Credit」)
  6. 金額を選択、または入力する
  7. 現金、レシート、カードを取る

ですが、国やATMによって多少の違いがあり中国やタイのように日本語が選択できるATMもありますし

タイやカンボジアのように現地ATM使用料がかかる国もあります。

タイ・ドンムアン空港のATMでキャッシングとデビットカードでの引出し
バンコク・ドンムアン空港に到着してバス等で移動する前にタイ・バーツへの両替が必要です。クレジットカードやデビットカードでATMから現金を引出した場合はお得なのか2つの銀行で検証してみます。

そして、

海外ではショッピング利用時も含めて海外事務手数料2,5%がかかりまして

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは、他のデビットカードに比べて現地通貨の引き出し時にかかる手数料は少ない方ですが

クレジットカードでキャッシングした場合の支払う利息(金利)と比べると

わずかですが割高になりますから

ATMの場合は予備として持っておく位でいいと思います。

利用明細は住信SBIネット銀行のサイトにログイン後、「Visaデビット明細等」から「ご利用明細照会」で確認できます。

デビット明細

国内ATMの利用、振込

国内の利用可能ATMは、イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM、ゆうちょ銀行、ビューアルッテで

ATMでの預入れ手数料と、住信SBIネット銀行口座あての振込手数料は何回でも無料になり

ATM引出し手数料と他行あての振込手数料は、スマートプログラムというサービスのランクに応じて無料回数が変わってきます

そのランクは1~4までありまして、無条件でランク1です。

ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
ATM引出し手数料無料回数 月2回 月5回 月7回 月15回
他行あて振込手数料無料回数 月1回 月3回 月7回 月15回

ランク1でも計画的に引出しを行えば大丈夫そうですが

ランク2になりますと余裕が出ますね。

ランク2の条件はSBIネット銀行の預金残高が月末に30万円以上(または、他の方法もあり)ですので、頑張れば可能ではないでしょうか。

*条件が似ていて同じVisaブランドのデビットもあります

GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付キャッシュカードの特徴とライバル比較
GMOあおぞらネット銀行のキャッシュカード機能付きデビットカードの特徴を紹介します。国内だけでなくネットショッピングや海外でも、と活躍してくれるこのカードとライバル比較もしてみました。

スマートプログラムのランク判定について詳しくは

住信SBIネット銀行のオフィシャルサイトをご覧ください。

また、

新規口座開設の場合は口座開設日の月とその翌月はランク2となり

さらに2018年5月現在、新規に口座を開設し、合計5,000円以上のカード利用と給与受取サービスの利用で2,000ポイントプレゼント中となっています。

*持っていると2ランクアップするクレジットカードもあります

ミライノカードGOLD(JCB)最大の特徴は海外旅行保険/家族特約もあり
充実の海外旅行保険が付いたミライノカードゴールド、QUICPay(クイックペイ)機能付きで普段の買い物もスピーディーにでき海外でJCBのサービスも利用できるこのカードの特徴を紹介します。

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードその他の特徴

国際ブランドはVISA

世界200以上の国と地域で利用でき

ショッピングの際は外貨普通預金口座を開設、預金して、その決済通貨を外貨に設定しておけば、

海外事務手数料2,5%分が年間30回までポイントバックされますから、実質手数料無料ですね。

*外貨預金をし米ドルをカンボジアで使ってみました

住信SBIネット銀行で米ドルの外貨預金~デビットカードで手数料ポイントバック
カンボジアへの計画を立てている時に米ドルが使えることを知ります、住信SBIネット銀行のVISAデビットは外貨預金をして米ドル決済にすれば手数料がポイントバックされる特徴がありますのでやってみます。

ただし、

外貨は米ドルのみでATMでの現地通貨の引き出しには適用されない(引き出しは可能)点が残念です。

ポイント

月間の利用額の合計に対して1,000円ごとに6ポイント(0,6%)が貯まりますが

海外ATMでの現地通貨引出しと、各種手数料は対象外で

貯まったポイントは500ポイント以上100ポイント単位で、1ポイント=1円で交換できます。

*2019年4月追記

ミライノデビット(Mastercard)が新しく出まして

SBIのデビットカードにマスターブランドが仲間入り、切り替えるべきか?
住信SBIネット銀行のデビットカードにマスターブランドが仲間入りしました。VISAブランドを使っている人は切り替えた方が良いのか、特徴やスマートプログラムなども含め検証してみたいと思います。

内容ほぼ同じで

ポイント還元率が0,8%ですので新規に作る方はこちらの方が良いと思います。

公共料金の支払い

コンビニ等における店頭での公共料金の支払いを除く

電気、ガス、水道、電話(固定、携帯)など定期・継続的に発生する支払いにも利用できます。

不正利用の補償

万が一、紛失や盗難にあいカードを不正利用された場合でも、届出日より30日前にさかのぼり、年間100万円まで保証してくれます。

また、不正利用されますと即時にその額が引き落とされてしまいます、利用限度額の変更が可能となっていますから

万が一の時の為にも変更することをお勧めします。

海外ショッピング

初期設定 変更可能範囲
1回 50万円 0~200万円
1日 50万円 0~200万円
1ヶ月 100万円 0~1,000万円

海外ATM現地通貨引出し

初期設定 変更可能範囲
1回 10万円 0~10万円
1日 30万円 0~100万円
1ヶ月 100万円 0~300万円

もちろん

国内でのショッピングやATM引出し限度額の変更も可能となっていますし

特に海外では、デビット専用ダイヤル(カスタマーセンター)の電話番号は控えておいた方が良さそうです。

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

その他、特徴としまして

Visaが提供する非接触IC型決済方法VisapayWAVEに対応や、

ネットショッピングでも利用可能、

日本国内に住む15歳以上であれば申し込み可能で、年会費は無料となっていまして、

今の所とても便利に使わせてもらっています。

*海外旅行保険は付きませんのでクレジットカードもご一緒に

REXカードの海外旅行保険は自動付帯、高還元のポイントは口座引き落とし時に
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のREXカードを紹介します。海外だけでなく国内旅行保険について、高還元なポイントとその使い道、キャンペーン等について書いていますのでご覧ください。