楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランは楽天会員だとかなりお得です

楽天モバイルのプランの中に、10分以内の国内通話が何回でもかけ放題になる「スーパーホーダイ」があります。

このプラン、通話をあまりしないという方でも

高速データ通信を使い切った後に低速データ量が無制限で利用できますし、

しかも長期割、楽天会員割の適用で月々の支払いを2年間1,480円(税別)にすることも可能になっています。

データ量無制限でこの料金は安いと思いまして「スーパーホーダイ」早速使ってみましたので紹介します。

*2018年11月、本文一部削除しています

通常のスーパーホーダイ料金プラン

スーパーホーダイにはプランSからプランLLまでの4種類のプランがありまして、まずは割引き適用前の料金です。

高速通信容量* 月額料金(税別)
プランS 2GB 2,980円
プランM 6GB 3,980円
プランL 14GB 5,980円
プランLL 24GB 6,980円

*高速通信容量を使い切った後でも最大1Mbps(低速)で通信できる。ただし、通信が混みあう12:00~13:00と18:00~19:00の時間帯は最大300kbpsに制限される

高速データ通信容量によって料金が変わってくるわけですが、

全く割引がない場合、格安SIM他社と比べてみても特に魅力的な料金ではありません。

これに長期割、楽天会員割などが適用されるとお得度の高いプランに変わってくるわけです。

割引き内容

長期割 ー 契約時に最低利用期間を選ぶようになっていて、その期間に応じて月額基本料が割引かれます。

  • 2年契約 ー 最大24カ月間、500円割引
  • 3年契約 ー 最大24カ月間、1,000円割引

楽天会員割 ー 月額基本料が最大24カ月間、500円割引に。

楽天会員割

出典:楽天モバイル

楽天ポイントを貯めている人はもちろん、

全く楽天のサービスを利用したことがない人でも無料で登録できますので、モバイル利用する場合は楽天会員になっておいた方が断然お得ですが、

楽天カードが年会費無料で作れポイントプレゼントキャンペーンもありますので、カードからの方がさらにお勧めです。

それに、

貯めたポイントを楽天モバイルの支払いに使うことも出来ますし、また

支払いはクレジットカードの他、楽天デビットカードも使えます。

ポイント還元率1%以上の楽天銀行デビットカードJCBは普段使いでお得
普段使いで最もお得度の高い楽天銀行デビットカードJCBを紹介します。買い物時やATMといった日本国内での利用から海外まで、このカードの特徴と、どういった使い方が良いのかまとめています。

では、具体的に月々の支払いはいくらになるのかを見て行きたいと思いますが、

その前に、お勧めのプランSについてを少し。

プランSについて

プランSの場合、高速データ通信容量は2GBです。

スマホは家でも外でも結構使うという方ですと、あっという間に高速データ通信の2GBは超えてしまうと思います。

そこで使い切った後の低速通信なのですが、最大1Mbpsってどのくらいだろう?と思いますよね。

楽天モバイルのサイトではこうなっていますが、感じ方は人それぞれです。

1Mbps

出典:楽天モバイル

で、実際に低速通信使ってみてですが意外と速度は出ているようで、検索してもそれほど遅くはなく

また、Youtubeの動画も普通に観れてしまいます。

動画を見るとデータ量消費しますから、この低速通信無制限は嬉しいところです。

低速スピード

ただし、通信が混み合う12:00~13:00と18:00~19:00の最大300Kbpsの時間帯は遅さを感じる時が多いです。

楽天モバイルSIMアプリで高速と低速の切り替えが出来ますので、

試しにこの時間帯に高速にしてみますと、

高速データ

まあまあ快適です。今まで評判の良いUQmobile、U-mobile、freetelを利用してきてこれらと比較しても全然遜色ないレベルですし、楽天モバイルの方が速いと感じます。

これらと比較すると若干スピードは遅いと感じますが、使えないといったレベルではないです。

肝心な時だけ高速に切替え普段は低速で使えば、普通に使う分には2GBで足りると思い、

プランSをお勧めしています。

プランSの割引適用時

契約時に最低利用期間を1~3年で選択するようになっていますので、それぞれ月々の額が割り引かれるといくらになるのか見てみましょう。価格は税別。

契約期間(最低利用期間)1年

プランS 一般(割引なし) 楽天会員(楽天会員割のみ)
1年目 2,980円 2,480円

*1年契約ですと長期割の適用はありません

契約期間(最低利用期間)2年

プランS 一般(長期割のみ) 楽天会員(長期割+楽天会員割)
1年目 2,480円 1,980円
2年目 2,480円 1,980円

契約期間(最低利用期間)3年

プランS 一般(長期割のみ) 楽天会員(長期割+楽天会員割)
1年目 1,980円 1,480円
2年目 1,980円 1,480円
3年目 2,980円 2,980円

*2年契約も3年契約も割引が適用されるのが2年間ですので、3年目からは通常の2,980円(税別)になります。

スーパーホーダイは契約期間満了で手続き手数料なしで「組み合わせプラン*」、「スーパーホーダイ」に変更、または解約(MNP転出は税別3,000円かかる)ができ

また、期間中でもスーパーホーダイの他のプランでしたら変更可能となっています。

組み合わせプランというのは、「1Mbpsの低速通信使い放題」が付いていなく、「10分以内通話し放題」もオプションとなっているベーシックなものです。

*初期設定についてはこちらをどうぞ

楽天モバイルのSIMが届いたらまずは初期設定/手動でAPN設定が必要な場合
ドコモやソフトバンク、auから格安SIMに乗り換えると初期設定というものが必要になってきます。その中でも最も紛らわしいAPN設定を中心に紹介しますので繋がらなかった場合は参考にして下さい

契約手数料と契約解除手数料

契約時に手数料として3,000円(税別)が、

解約時は、最低利用期間前ですと9,800円(税別)がかかりますから、契約の時に慎重に何年利用するか決めなければなりませんが、

やはり問題になってくるのは通信スピードだと思います。

私は以前から格安SIMを利用していますので、昼時や夕方にスピードが落ちるのには慣れています。

しかし、ドコモやauなどキャリアから楽天モバイルに乗り換える場合はある程度、覚悟しておく必要があります。

価格を取るか、スピードを取るか、ですね。

楽天モバイル スーパーホーダイ

一番お勧めなのは楽天会員になり最低利用期間を3年にし、使ってみてもしスピードに不満があるようでしたら9,800円(税別)を支払い解約する、

ですが

今回使ってみて、レビュー等で言われているほど遅くありませんし、むしろコストパフォーマンスがいいですから満足しています。

というわけで、スーパーホーダイのプランSの3年契約が私のお勧めです。