ベトナムには楽天銀行デビットカードJCBが最適!ATM手数料無料で両替

いつもはJCBのクレジットカードとSBIのVisaデビットで現地通貨を引き出していたんですが

楽天銀行のデビットカードは

海外ATM利用でもポイントが付くことを知り

楽天デビットカードは海外でポイント支払い出来てATM利用でポイントまで付く
楽天デビットカードの海外での変わった使い方と特徴を紹介します。利用設定が必要ですが海外でもポイント支払い出来て、さらに国際ブランドがJCBだとATMでの現地通貨引き出しでもポイントが1%付きます。ベトナムでの例を紹介します。

楽天デビットカードJCBを

ベトナムのATMで使ってみました。

楽天デビットJCBはベトナムのATMで手数料無料

ダナンで利用したら手数料(ATM利用料)が無料

今年(2019年)の2、3月にベトナム・ダナンのATMで2回利用し

後日、ポイントが付いていることをメールや楽天銀行のサイトで確認したまでは良かったんですが、

明細をよく見ていると

楽天デビットJCBでATM

JCBのクレカとあまり金額が変わらないことに気づいてしまいました。

その差35円。

ベトナムのATMでデビットカードで現金を引き出すと

55,000ドン(約250円)とか66,000ドンの現地ATM利用料が通常はかかりますが

ベトナムATM利用料

どう見てもこれがかかっていないんですね。

その分、受け取った現金(ベトナムドン、VND)が少なかったのかもしれないのでもう1度試してみることにします。

確認しなかったのか? と言われそうですが。

*ベトナムATMの使い方についてはこちらをどうぞ

ベトナム・ダナン空港ATMでクレジットカードでのキャッシング、手数料は?
ベトナムのダナン国際空港にあるATMでクレジットカードのキャッシングとデビットカードでのベトナム・ドンの引き出しです。現金両替との比較はできませんでしたが手数料(現地ATM利用料)については分かりましたので紹介します。

それと、この時(↑)のATM操作途中で

「VISAとMaster、デビットカードはATM利用料がかかる」

と画面に表示されたので

他のJCBデビットもかからないのでは? と気になりましてイオン銀行のJCBデビットカード「キャッシュ+デビット」も作って

持って行くことにしました。

キャッシュ+デビットJCB

デビットカードが4枚に増えてしまった! んですが

すべて年会費無料、審査なしなので持てるんです。

ハノイ・ノイバイ空港で楽天銀行デビットカードJCB

そして、

5月にタイへの途中、乗り継ぎでハノイ・ノイバイ空港に来ましたのでVietin BankのATMで試してみました。

結果は1,000,000VNDの引き出しで4,900円

楽天デビットJCBの海外事務手数料が3,024%ですから約150円、元本4,750円といったところでしょうか。

出てくる現金、レシートも今回はちゃんと確認し

VND確認

(左がマスター、右がJCBのデビットカードです)

やはり、現地ATM利用料はかかっていない

と思ったのですが、それどころか

後日、確定した明細を見てみると

楽天ベトナムATM

金額は4,765円です。

レートを調べたら「0,0047」でしたので事務手数料入れて約4,842円のはずで、3,024%の手数料はどこへ行ってしまったのでしょうか。

*追記 レート「0,0046」だと納得がいきます

同日ではないですが、これをJCBクレジットカードでのキャッシングの場合と比較してみると

楽天デビットJCB 4,900円 確定後4,765円
JCBクレジットカード 4,825円 繰り上げ返済後4,709円

JCBクレジットカードの場合は

キャッシング手数料(100円または200円)がなく、また繰り上げ返済を早めにしたので4,709円になりましたが

手数料がかかるクレジットカードで繰り上げ返済をしない場合には

引き出す金額にもよりますが、楽天銀行デビットカードJCBを使った方がお得に両替できることになります。

ポイント還元率1%以上の楽天銀行デビットカードJCBは普段使いでお得
普段使いで最もお得度の高い楽天銀行デビットカードJCBを紹介します。買い物時やATMといった日本国内での利用から海外ATMまで、このカード・銀行の特徴と、どういった使い方が良いのかまとめています。

さらに

海外ATMでも1%のポイントが付くのでJCBクレカとほぼ同じですね、凄いカードです。

ベトナムのATMでイオン銀行のJCBデビットカード

そして、

同じATMでイオンのJCBデビットを使った場合も、現地ATM利用料はかかっていなく

イオンの場合は海外事務手数料が1,6% + 216円と、216円(税込)が必ずかかってくるので

少額を引き出す場合は不利ですが

イオンベトナムATM

1回の引き出し額が多くなると

楽天デビットJCBには及ばないもののVISAやMasterより有利になってきます。

イオンのデビットカードを持つとATM手数料無料でしかも普通預金は高金利
イオン銀行のJCBデビットカード、キャッシュ+デビットのお得度を見ていきましょう。年会費無料でイオングループではときめきポイント2倍、海外でも手数料が少なくお得で保障もしっかりなデビットカードとなっています。

今回、

楽天とイオンのカードを使って引き出したのが同日のほぼ同じ時間なのに、適用されるレートが違っていたみたいです。

いずれにしても、通常は

楽天やイオンを含め、どこのデビットカードでも海外ATM利用時の注意点として

「一部ATMでは別途現地金融機関の利用料が必要な場合がある」

などと書いてあるんですが

ノイバイATM3

ベトナムのATMでは

JCBのクレジットカード以外に、JCBデビットカードも現地ATM利用料がかからない事が分かりました。

*タイでもかかりませんでした

イオンJCBデビットはタイでもお勧め/220バーツのATM手数料はかからない
タイのATMでデビットカードで現金を引き出すと220バーツの現地ATM利用料がかかりますが、ベトナムでJCBデビットを使ってみたところかかりませんでした。なので今回はイオンと楽天のJCBデビットをタイで使ってみます。ATM手数料はかかるのか?

楽天、イオンJCBデビットの海外利用時の事務手数料

今度は

ATMではなく、普通にお店でカード払いする場合の手数料をMasterブランドも加えて見てみましょう。

ATMの時とは事務手数料の額が変わってきまして、こうなりますが

  • 楽天銀行デビットカードJCB ― 3,024%
  • イオン銀行キャッシュ+デビット ― 1,6%
  • ミライノデビットMaster ― 2,5%

楽天は海外利用で1%のポイントが付き、

イオンが0,5%、ミライノデビット(SBIネット銀行)が0,8%のポイントが付きますので

実質、こうなります。

  • 楽天銀行デビットカードJCB ― 2,024%
  • イオン銀行キャッシュ+デビット ― 1,1%
  • ミライノデビットMaster ― 1,7%

というわけでベトナムでは

ATMも含めて、JCBデビットの中でも手数料が少ない楽天と

イオンのデビットカードがお勧めです。

*楽天ポイントで積立投資もお勧めです

積立投資は楽天証券のポイント投資でやるのが最良かもしれません
楽天証券では楽天ポイントを積立投資に使うことが出来ます。投資信託の購入金額の全部、または一部に充てることが可能ですから利用したいものです。また、クレジット決済にしてポイントを貯めることも可能です。