オリコザプレミアムゴールドの海外旅行保険やポイントなどライバルと比較

ポイント還元率の良さで好評のオリコカードザポイント(以下オリコカード)のゴールド版、

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド(Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD)です。

プレミアムゴールド

長いのでオリコザプレミアムゴールドと呼ばせていただきます。

このカードの特徴を年会費無料のオリコカードやライバルと比較しながら見ていきたいと思います。

ライバルは

オリコザプレミアムゴールドの内容をざっと見てみると

年会費1,950円(税込)、海外旅行保険は自動付帯、国内ラウンジなし、ポイント還元率は常に1%以上、

というのが大体の特徴です。

年会費が同じくらいでポイント還元率もいい楽天ゴールドカードは、国内ラウンジが回数制限ですが利用出来ますし、

ポイントはイマイチですが国内の航空機遅延保険が付くMUFGカードゴールドも一部ですが国内ラウンジ利用可能です。

MUFGカードゴールドの海外旅行保険は条件付き、ラウンジも国際線に限られる
10代から申込み可能なMUFGカードゴールドの特徴を特に海外旅行保険、ラウンジ、ポイントを中心に紹介します。低価格なゴールドカードが多い中でどの位魅力があるか探ってみたいと思います。

で、オリコザプレミアムゴールドのライバルは、その特徴から一般カードのREXカード(年会費無料)になるのではと思い

比較対象に同価格帯のゴールドに加えてREXカードも入れてみました。

ちなみに、一般のオリコカードは海外旅行保険が付きません。

旅行傷害保険

海外旅行保険

まずは海外旅行保険から、

オリコザプレミアムゴールド REXカード
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療費用 200万円限度 200万円限度
疾病治療費用 200万円限度 200万円限度
賠償責任 2,000万円限度 2,000万円限度
携行品損害(自己負担3,000円) 20万円限度(1個につき10万円を限度) 20万円限度(1旅行中かつ1年間の限度額)
救援者費用 200万円限度 200万円限度(1年間の限度額)

共にカードを持っていれば保険が付く自動付帯家族会員にも付帯されます、内容もナカナカですね。

同価格帯(年会費約2,000円)の楽天ゴールドカード(利用付帯)もMUFGカードゴールド(自動付帯)も保険金額は大体同じで、

家族カードが作れない18歳未満の子供さんと一緒に旅行する機会がある方は、家族特約付きのカードを選んだ方が良いです。

ミライノカードGOLD(JCB)最大の特徴は海外旅行保険/家族特約もあり
充実の海外旅行保険が付いたミライノカードゴールド、QUICPay(クイックペイ)機能付きで普段の買い物もスピーディーにでき海外でJCBのサービスも利用できるこのカードの特徴を紹介します。

国内旅行保険

国内旅行保険は共に利用付帯ですが保険金額は結構違っています。

オリコザプレミアムゴールド REXカード MUFGカードゴールド
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高1,000万円 最高2,000万円
入院保険金 なし 日額5,000円 日額3,000円
手術保険金 なし 種類に応じて5、10、20万円 3,000円×(10~40倍)
通院保険金 なし 日額3,000円 日額2,000円

この3種類のカードのうちREXカードだけは年会費無料ですが、内容は負けていませんね。

また、楽天ゴールドカードには国内旅行保険は付いていません。

ショッピングガード保険

自己負担が10,000円とちょっと高いですが100万円までのショッピングガード保険が付いていて、

MUFGカードゴールドは日本国内で購入した商品は、支払いを分割払い、リボ払い、登録型リボ「楽Pay」に指定して利用した場合だけですから

オリコザプレミアムゴールド REXカード、楽天ゴールドカード MUFGカードゴールド
100万円(自己負担10,000円) なし 100万円(自己負担3,000円)

ここはオリコザプレミアムゴールドの保険が最もたのもしいです。

ポイント還元率は1%以上

このカードの1番の特徴はやはりポイントです。

100円につき1オリコポイントが付き還元率は常に1%以上で、ETCカードの利用分もポイントは付きます。

オリコプレミアムアイキャッチ

出典:オリコザポイントプレミアムゴールド

そして、

ネットショッピング利用時にAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、エクスペディア、じゃらん、agodaなどオリコモールを経由すると+0,5%以上、

電子マネーiDやQUICPayの利用で+0,5%など、

さらに入会後6ヶ月間は+1%と、これらを利用すれば平均1,5%位でお得にポイントを貯めることが出来ると思います。

ポイントの点でライバルとなるのは、楽天市場でポイント最大5倍(5%)の楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードで利用できるラウンジ、海外旅行保険についてを詳しく
年会費2,000円で持てる楽天ゴールドカードのラウンジやポイント、海外旅行保険など特徴を一般の楽天カードや同価格帯でライバルになりそうなオリコザプレミアムゴールドと比較しながら紹介します。

常に還元率1,25%以上で、JACCSモール経由でのネットショッピング時は+0,5%となるREXカード

REXカードの海外旅行保険は自動付帯、高還元のポイントは口座引き落とし時に
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のREXカードを紹介します。海外だけでなく国内旅行保険について、高還元なポイントとその使い道、キャンペーン等について書いていますのでご覧ください。

あたりです。

貯まったオリコポイントは500ポイントから交換可能で

例えば、オンラインギフト券にはオリコポイントがそれぞれこうなりまして

amazonギフト券 500ポイント→500円分
iTunesギフトコード 500ポイント→500円分
nanacoギフト 1,000ポイント→1,000円分

ポイント移行の場合もオリコポイントとそれぞれ1:1で移行できます。

WAONポイント 1,000→1,000WAONポイント
Tポイント 1,000→1,000Tポイント
楽天ポイント 1,000→1,000楽天ポイント
Pontaポイント 1,000→1,000Pontaポイント
dポイント 1,000→1,000dポイント

また、マイルへも交換可能で

1,000ポイントが600ANAマイル、500JALマイルへとなっていますからポイントの使い道には困らないで済みますね。

有効期限が1年間と少し短いですから、貯まったら忘れずに交換してしまいましょう。

優待とサポート

優待については結構充実していまして

国内外の有名ホテル、温泉旅館、遊園地、テーマパーク、スポーツクラブや飲食店などが優待価格で利用できる「Orico Club Off」、

オリコクラブオフ

国内外のパッケージツアーの割引、国内格安航空券の割引は繁忙期でも。

そして、海外では

ローマやフランクフルト、ウィーン、アテネ、ラスベガス、シカゴ、トロント、サンパウロ、香港、ジャカルタ、セブ、北京、ソウル、ケアンズ、等

日本語で案内するトラベルデスクが利用できるなどサポートもありますから海外での不安を少なく出来ると思います。

申し込み資格

申し込みは20歳以上で安定した収入がある人で、年会費は1,950円(税込)、

ETCカードも家族カードも年会費は無料で、家族カード(本会員と生計を共にする配偶者・親・高校生を除く18歳以上の子供)は3人まで申し込めます。

国際ブランドはMasterかJCBです。

入会キャンペーン

現在入会キャンペーンが行われています。

オリコキャンペーン

2019年3月31日までにMasterブランドの入会特典で

1,000オリコポイントプレゼントや、カード発行後エントリーして10万円以上の利用で最大5,000ポイントプレゼントなどありますから

詳しくは公式サイト等で確認して下さい。

オリコザポイントプレミアムゴールド

このカード、やはりポイントや優待が魅力的で一般のオリコカードには電子マネーの利用で+0,5%はないですからiD、QUICPayを使う、

海外旅行保険も付いていた方がいい、人は年会費を支払ってオリコザポイントプレミアムゴールドにするのもアリですね。