パサイからオロンガポへはビクトリーライナーで/フィリピンのバス初乗車

*2018年3月

「パサイからビクトリーライナー~フィリピンのバス初乗車」と「オロンガポからパサイまでビクトリーライナーバスに乗る」を統合させていただきました。

また、一部内容、写真の変更も行っています。

パサイバスターミナル

日本語

初めてのマニラ空港(ターミナル2)でビビりながらタクシーに乗ってビクトリーライナーのパサイターミナルに到着しました。

パサイ

運転手が荷物をゲートまで運んでくれ、ここのガードマンに「from Japan」と私を紹介すると

「こんにちはー」の元気な声。

日本語です、嬉しいですね。

この時点までで、私のフィリピンに対する印象は少し変わってきましたが

ここはまだマニラです。気を引き締めます。

*この時はタクシーを使っていますがGrabがお勧めです

GRAB TAXI 乗り場まで簡単に行けるマニラ空港ターミナル1
フィリピン・マニラ空港ターミナル1に到着してからグラブタクシー(Grab taxi)乗り場まで夜でも全く危険を感じずにたどり着けましたので、その道順と到着ロビーやグラブタクシー乗り場を中心に地図付きで紹介します。

チケット購入

チケットカウンターは奥と言われ歩いて行くと

行き先ごとに別れていますが各列とも混んでいました。

チケットブース

フィリピンの夜は危険そうなので暗くなる前に目的地のオロンガポに着きたい私は、ちょっと焦り気味で

現在午後2時をまわっています。

オロンガポまでの料金を支払い、「すぐそこのバス」と教えてくれたので急いで止まっているバスへ。

しかし、満員で次のバスを待つことになりますが

幸い5分位で次のバスが入ってきまして

しばらくするとバスの乗務員が荷物をトランクに入れ始めたので、私もスーツケースを預けます。

ターミナル

ビクトリーライナー

フィリピンのバス初乗車

バス車内は日本のと変わらずいたって普通ですが、乗っている人は全てフィリピン人のようで

完全にアウェー、なかにはじーっと見つめる人もいます。

しばらくして出発し、マニラ周辺の渋滞を抜け高速を走り3時間ぐらい経ったでしょうか

休憩所に到着

パーキングのようなところに入って行くのが見えると乗務員が英語で何か言い始めます。

何言っているのか私にはほとんどわかりませんが

「fifteen minutes」という単語が3回繰り返されていたので、15分の休憩とわかります。

バッグは持って出ますが、他の人は結構荷物を置きっぱなしで降りて行きます。

降りるとまず売店がいくつも並んでいるのが目に入ってきまして

そしてイイ匂い。

この休憩所ちょっと清潔感に欠けますが、これがフィリピンか~と納得します。

*フィリピンのSIMカードSMARTの設定方法です

SMARTのSIMカード購入からロード、プランの登録/フィリピンでスマホを快適に
日本では通信会社と月々の契約をしてからスマホを使いますが、フィリピンの場合は使いたい分の金額をロードにより前払い(プリペイド式)しプランを登録して使います。SMART SIMカードを使った設定方法です。

フィリピンで最初の食事

トイレを先に済ませ、

そういえば昼、食べていなかった事を思い出しオロンガポまでどの位かかるのか分からないので何か食べることに。

先程から気になっていたイイ匂いのもとへ行くと肉らしきものが串にささって焼かれていて

LLサイズの焼き鳥といったところでしょうか。

どうやら豚肉のようで、どのお店でも店の前で焼いています。

甘辛のタレがたっぷりとついていて旨かったです。2本で50ペソ(この時のレートで110円~115円)。

名前は後から知りましたが「ポークバーベキュー」、そのままでした。

*事前にSIMカードを購入される方はこちらをどうぞ

AIS SIM2Flyの特徴と設定/フィリピン・台湾・日本で利用してみて
日本で購入したSIMカード、AISのSIM2Flyをフィリピンと台湾で使ってみました。ローミングON、APN設定だけではネットに繋がりませんでしたので特徴と合わせて設定方法を中心にご紹介します。

オロンガポ

外は真っ暗

休憩所を出発して1時間、もう外は真っ暗です。

スービックベイフリーポートゾーンにあるハーバーポイントモールに着き、

ハーバーポイント

何人か降り

ちょっと先のホテルの前でも何人か降ります。

言えばバス停のないところでも降ろしてくれるようですが、私はそんな勇気も英語力もありませんので終点まで乗り

ターミナルの手前で宿泊予定のホテルが目に入りますが

もちろん通り過ぎます。

ターミナルに到着

終点のオロンガポターミナルに到着です。降りるのは10人ぐらい。

新たにこのバスに乗っていく人がいまして、ここから行き先が変わるようです。

ビクトリー

私はここからホテルまで歩いてみることにします。

この続きはこちらになります。

午後7時オロンガポのターミナルに到着~ホテルまでの道のりは想像以上に
「パサイからオロンガポへはビクトリーライナーで/フィリピンのバス初乗車」の続きです。オロンガポのターミナルを出て滞在予定のホテルまで歩いている途中、日本では体験できない考えさせられることに遭遇。

*ここまでの写真は後日撮ったものです

オロンガポバスターミナル(帰り)

オロンガポ市にあるバスターミナルです。

シート

行きの時は暗くなっていたのと、少し急いでいたために良く見れませんでしたが結構広々としていて

また、平日のお昼前後ということもあるのでしょうか人は少なめでした。

早速チケット売り場に行き購入します。

218ペソ(この時のレートで500円弱)で、行きは223ペソだったと思います。

「パサイターミナル」で購入できます。

カウンター

止まっているパサイ行きのバスで、

乗務員さんが私のスーツケースを見るとすぐにトランクに入れてくれます。

チケットにはシートナンバーが書いてあり、バスのシートの方にもナンバーが書いてありますので、

そこに座りましょう。

乗り込んでから約10分後に出発。

道幅の狭いターミナル周辺を抜けメイン通りを北東に向かい

車内では乗務員の方がチケットを拝見に来ますのでチケットを見せ(1枚はそのまま乗務員の方が持っていきます)れば OK です。

チケット

休憩所に到着

1時間も走ったか走らないかの所で15分間の休憩があり

休憩所は広く、トイレや売店があり簡単な食事もできまして

売店

テーブル、ベンチもたくさん用意されていますし

行きに寄った休憩所とは違って清潔感ありです。

休憩所

ちなみに行きに寄った休憩所の方がフィリピンらしくて好きです。

バスに戻るときに同じパサイ行きが止まっていたりしますので、自分の乗ってきたバスは確認しておいた方が良いですが、

チケットにもバスのナンバーが書いてありますので迷ったらチケットを見れば大丈夫です。

*フィリピンのATMの使い方です

フィリピン留学にも最適なデビットカードのおすすめ/ATM操作方法付き
フィリピンに語学留学、旅行、出張などで行く時に最適なデビットカードを紹介します。海外での手数料と現地ATM利用料がカギになっていまして、特にATMでのペソ引出時に利用料がかからないJCBがお勧めとなります。

マニラ周辺

休憩所を出発し

ここからは高速道を走ります。田園風景がしばらく続き

途中バス停が何か所かあり乗客がだんだんと増え、いつの間にか満員になっています。

外の気温がかなり高く晴れていたのでクーラーの程よくかかった車内は快適でした。

車内

マニラ周辺に差し掛かってくると道路や外の景色がだいぶ変わってきます。

田園風景から一変、ビルやマンションが目立ち始め

5分間の休憩がありケソン、マカティーを通り、出発から約4時間後にパサイバスターミナルに到着です。

パサイターミナルの様子、こちらも結構すいています。

オロンガポ

今回は早く着きましたが、別の日に乗った時は6時間以上かかりましたので

平日の夕方から夜にかけてマニラ周辺に着きそうな場合は早めに出た方がと思います。マニラ周辺の渋滞は凄いです。

*こちらに続きます

パサイバスターミナルからマニラ空港までシャトルバスに乗ってみた
ビクトリーライナーバスの終点パサイターミナルからマニラ空港までプレミアムエアポートシャトル”UBEエクスプレス”を使って移動しました。パサイターミナルや車内から見た外の様子などを書いてます。