つみたてNISAの分かりずらい点をNISAやiDeCoとの比較も入れて説明します

”説明します”

なんて偉そうなタイトル付けてますが私が勘違いした点を中心に書きます。

ところで、

「つみたてNISA(ニーサ)」もう始めていますか?始めている人は少し得をしているかもしれません。

以前、つみたてNISAの弱点を書いたのに

積立投資が良いわけと、「つみたてNISA」の弱点を書いてみました
つみたてNISAの特徴は、”購入時の手数料がない”投資信託が対象で、最長20年間は利益に対する税金がかからない事です。積立投資は非常に優れた資産運用方法だと思いますが、最長20年の所に落とし穴があると考えます。

何を言っている?と

思われるかもしれませんが、非課税期間は最長20年のところに引っ掛けか?というような表記が見受けられるので

つみたてNISAの特徴と共に紹介します。

NISA(ニーサ)とつみたてNISA

NISAは2014年から、

つみたてNISAは2018年から始まった税制優遇制度で、

共に

20歳以上で国内居住であれば1人1口座を開設できる、

一定額以内の投資金額に対する配当や売買益に、本来かかるはずの約20%の税金ががかからない(非課税)点は同じですが

NISA つみたてNISA
口座開設期間 2023年まで 2037年まで
非課税期間 最長5年間 最長20年間
非課税投資額 年120万円まで(最大600万円) 年40万円まで(最大800万円)

*NISA、つみたてNISAはどちらか一方のみ選択

大きく異なる点もあります。

投資期間と投資金額

その最たるものが投資期間と金額で、

分かりずらい「つみたてNISA」からいきます。

つみたてNISA

こんな感じの図を見たことはないでしょうか。

つみたて20年

つみたてNISAの口座開設期間である2037年までなら、

”いつ始めても20年間は非課税で買付・運用でき最大800万円の投資ができる”

と思ってしまいますが、

実は金融庁のつみたてNISAページにはこうあります。

現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。

ということは

2037年までは投資(積立)はできるが、その後の最長20年間はただ保管しているだけになってしまいます。

仮に

2025年に始めたとしたら

積立可能期間

積立期間が13年間ですから

積立投資の基本である長期で行うには早く始めた方が有利という事になります。

”積立期間と非課税(保管)期間とにはズレがある”というのが特徴です。

NISA

対するNISA(一般NISAとも言う)も似たような感じで、

最長5年で最大600万円の投資(購入)ということになっていますが、投資出来るのは2023年までで2024年からは保管だけになります。

2020年から始めたとしたら

購入可能期間

4年間で最大購入可能金額は480万円です。

そしてNISAは

ロールオーバーと言って5年間の非課税期間の満了時に、さらに5年の非課税枠に移管する(新たな買付とみなされる)ことが可能ですが、

今(2019年)から投資したものについては、

2023年までですから適用されません

NISA5年

いずれにしても

”投資できる期間はそれほど長くはない”と思っていただければ。

NISA、つみたてNISAの利点

ただ

NISA・つみたてNISAともに優れている点がありまして、

60歳まで引き出せないiDeCo(個人型確定拠出年金)と違って、5年や20年を待たずして途中でやめることが出来ます。

引き出せるんです

つみたてNISA iDeCo
決済 いつでも可能 60歳まで不可
非課税投資額 月100円から  月5千円から

*SBI証券や楽天証券の場合は月100円からで、つみたてNISAとiDeCoは併用できる

これは結構重要だと思っていまして、

ちょっと悲観的なことを書きますが

もし、

何年か先に大不況が来たとします。例えば東京オリンピックが終わって景気の良かった建設業界に陰りが見え始め、

マンションの空室が目立つようになり

地価が下がって

東京の地価

日本の株価下落にも勢いが増してきたとします、あくまで仮にです。

どうなるでしょう?

AIの導入も手伝って、人手不足から一気に人余りになる可能性もあるのではないでしょうか。

いきなり収入が減ったり、場合によってはなくなってしまうかもしれません。そんな時にNISAの資金を引き出せば当面の生活費には困らなくて済みます。

ただし、

60歳まで引き出せないiDeCoでも何かあった時の為に別に資金を残し、余裕資金で運用するのであれば良いと思いますし

SBI証券でiDeCo(イデコ)を始めるならセレクトプランでこの投資信託
個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)を始めようかと考えているけど何を組み入れて良いのか悩むかもしれません。SBI証券のセレクトプランからお勧めや個人的に気になっている投資信託をピックアップしてみました

この事は、

つみたてNISA含め他の投資でも同じことが言えます。

つみたてNISAの非課税投資枠

さらに、つみたてNISAは

銘柄入れ替えやリバランスをする場合(スイッチング)や、ほとんどないですが分配金が出る投資信託で再投資する場合には新規買付とみなされ

非課税投資枠を使うことになりますから

最大年間40万円ですが余裕を持った方が良いです。

*投資信託の選び方も変わってくるはずです

イオン銀行でつみたてNISA/お勧めは「世界経済インデックスファンド」
つみたてNISAは積立期間と運用期間が特殊なことから、通常の積立投資やiDeCo(イデコ)と違った選択の方法があると思います。イオン銀行のラインナップから選ぶとしたらコレ、というものを理由もあわせて紹介します。

非課税期間終了後

つみたてNISA

次に、

つみたてNISAの非課税期間が終わった時についてですが、

  • 非課税期間中に利益が出ているならば決済する
  • 損失の場合はそのままにしておけば、特定口座などに移るので積立を再開し利益が出るまで続ける

基本的にはこれで良いと思います。

NISAからつみたてNISAへ変更する場合

最後に変更についてです。

現在、NISAを利用していて

来年からとか、2022年からとか、つみたてNISAに変更しようかと考えている人もいるのではないでしょうか。

NISAから変更

この場合、

NISAで購入した株式やETFなどは、引き続き最長5年間は非課税で持っていられるので変更するのも1つの手で、

私も考えています。

以上、

つみたてNISAの分かりずらい点を紹介しました。

この制度は利用すべきかどうか迷いますが、”やるなら早い方がいい”のは確かで

余裕をもってやりましょう。