ミライノカードGOLD(JCB)最大の特徴は海外旅行保険/家族特約もあり

年会費3,000円(税別)で持てる充実の海外旅行保険が付いたミライノカードGOLD(JCB)の特徴をご紹介します。

QUICPay(クイックペイ)機能付きで普段の買い物もスピーディーに出来る、

JCBゴールドの充実の旅行傷害保険から見て行きましょう。

旅行傷害保険

海外

ミライノカードGOLD(JCB)の旅行保険は、出発前の届け出や手続き等は一切不要の自動付帯となっています。

まずは海外から。

本会員 家族特約
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高500万円 最高250万円
疾病治療費用 最高500万円 最高250万円
賠償責任 最高5,000万円 最高2,500万円
携行品損害(自己負担3,000円) 最高50万円(携行品1つあたり10万円を限度) 最高25万円(携行品1つあたり10万円を限度)
救援者費用 最高300万円 最高150万円

*家族特約ー本人会員の配偶者および、本人会員またはその配偶者と生計を共にする同居の親族または別居の未婚のお子さま

特に見ていただきたいのは

最も大切な傷害治療費用と疾病治療費用なんですが、共に本会員の補償額は500万円となっています。

年会費10,000円位のゴールドカードでも300万円が普通ですから、いかにこのカードが海外旅行保険に強いかが分かっていただけると思います。

国内

本会員 家族特約*
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
入院保険金 日額4,000円 日額2,000円
通院保険金 日額4,000円 日額2,000円

国内も海外同様に充実していまして、

家族特約付きで同行の家族にも手厚い補償があるのがポイントです。

ただしこのカード、家族カードが作れません。

家族カードは通常、生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)を対象としていますので、

家族特約付きのミライノカードGOLD(JCB)は、奥さんや高校生以下の子供さんと一緒に旅行に行かれる方、

もちろん独身の方、に合っているカードだと思います。

ショッピングガード保険

海外所在のJCB加盟店にてミライノカードGOLD(JCB)で購入した品物の偶然の事故による破損・盗難などの損害が補償されます。

(海外)

購入日から90日間 年間最高50万円 自己負担10,000円

海外は当該カード利用で、国内の場合は「支払い名人」というリボ払いの定額コースに登録すると補償が付きます。

(国内)

購入日から90日間 年間最高100万円 自己負担3,000円

国内は海外の場合よりも限度額が大きく自己負担の額が少なくて良いのですが

リボ払いですのであまりお勧めはしません。

紛失盗難保険

カードを紛失したり

盗難にあってしまった

など、万が一他人にカードを不正利用された場合でも不正利用された金額が補償されますので安心です。

ミライノゴールド

出典:ミライノカード

JCBのサービスが付帯

JCBプラザなど

個人的にJCBのサービスは好きで、

例えばJCBプラザ

海外でレストランやツアーなどの予約、問い合わせなどが日本語でできたり、

パリや台北などいくつかの都市ではJCBプラザラウンジなるちょっとくつろげるスペースもあったりします。

タイでJCBカードは?/バンコクのJCBプラザラウンジへも行ってみました
海外では弱い、と言われることがたびたびあるJCBカードをアプリ「たびらば」と共にタイのバンコクを中心に使ってみました。温泉やマッサージの他、くつろぎのスペースJCBプラザラウンジ・バンコクへも行って来ましたのでご覧ください。

JCBプラザコールセンターでは

海外旅行中のケガや病気の際の病院案内や、クレジットカード、パスポートの紛失・盗難などのトラブルに24時間サポートしてくれ

JCBのサービスが海外で心強いです。

また、後述しますミライノポイントの確認、交換、または差引く場合や、カード利用明細の照会はMyJCBのサイトから行います。

myjcb

出典:JCBの会員専用WEBサービス

その他優待

沖縄優待ガイド」というのがありまして、飲食店で5%引きや1品サービス、レンタカー30%引きなど。

それから「空港優待ガイド」、こちらも飲食代10%引きやソフトドリンクサービスなどが国内空港国際線にあります。

  • 成田国際空港(第1~第3ターミナル)
  • 羽田空港国際線
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 新千歳空港
  • 福岡空港国際線
  • 那覇空港国際線

その他、

JCBグローバルWiFi20%引き、アプリ「たびらば」で現地優待情報の検索、海外レンタカー優待サービス、空港宅配優待サービスなど優待も豊富です。

国内空港ラウンジ(追記)

ただし、

ゴールドカードではよくある国内空港ラウンジサービスが付帯されていませんので注意です。

大変失礼しました、国内空港ラウンジも利用できます。

日本国内の主要空港とハワイ・ホノルル国際空港内のラウンジが無料で利用できまして、

国内空港はこちらで

旭川空港 新千歳空港 函館空港 青森空港
秋田空港 仙台空港 成田空港第1,2 羽田空港第1,2
羽田空港国際線 富士山静岡空港 中部国際空港 新潟空港
富山空港 小松空港 大阪国際(伊丹)空港 関西国際空港
神戸空港 岡山桃太郎空港 広島空港 米子空港
出雲空港 山口宇部空港 高松空港 徳島空港
松山空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港
熊本空港 大分空港 鹿児島空港 那覇空港

ハワイはダニエル・K・イノウエ国際空港です。

同伴者は有料ですが

空港ラウンジが定める同伴者料金(1名につき税別~1,200円位)で利用できます。

ラウンジ

(イメージです)

ポイント還元率はやや低めだが

ミライノポイントというミライノカード専用のポイントが、毎月のカード利用合計1,000円ごとに5ポイントが付き

このままですと還元率0,5%と低いのですが、

引き落とし口座に住信SBIネット銀行を設定し、スマプロポイントへ交換(ミライノポイント1=スマプロポイント2)すれば

還元率は1%となります。

ミライノポイント 1,000 ⇒ スマプロポイントに交換 2,000ポイント=2,000円

スマプロポイントは現金にキャッシュバックすることも出来ますし、

JALのマイルに交換することも可能です。

*SBIのデビットカードとセットで使うと良いかもしれません

SBIのデビットカードにマスターブランドが仲間入り、切り替えるべきか?
住信SBIネット銀行のデビットカードにマスターブランド(Mastercard)が仲間入りしました。VISAブランドのSBIデビットカードを使っている人は切り替えた方が良いのか、特徴やスマートプログラムなども含め検証してみたいと思います。

また、

ミライノポイントをカード支払額から差引くことも出来ますが、その場合はミライノポイント1=1円となってしまい還元率は0,5%で

ミライノポイント 1,000 ⇒ 支払額から差引く 1,000円

このようにポイントを有効活用するには住信SBIネット銀行の利用が必要になってきます、

ただ、

このミライノカードGOLDを持っていると住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクが2つ上がり、最低でもランク3となるため、

ATMの引出し手数料と他行あて振込手数料の無料回数が月7回になります。

ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
ATM引出し手数料無料回数 月2回 月5回 月7回 月15回
他行あて振込手数料無料回数 月1回 月3回 月7回 月15回

ちなみに

ATMの預入れ手数料、住信SBIネット銀行口座あての振込手数料は何回でも無料で、

私も住信SBIネット銀行を利用していますが、非常に使いやすい操作画面を持っていますのでお勧めできます。

スポンサーリンク

その他の特徴

申し込みは20歳以上で学生は不可。

年間100万円以上のカード利用で次年度の年会費3,000円(税別)が無料となります、ゴールドらしいですね。

ポイントプレゼントなど最新のキャンペーン、ラウンジ等の情報はオフィシャルサイトなどで確認して下さい。

【ミライノカード GOLD】

また、

QUICPay、APPLE Payに対応、

ETCカードの年会費、新規発行手数料が無料となっていて

海外でのJCBのサービスや旅行保険の充実がやはり最大の特徴で、個人的に一押しのクレジットカードです。