ゆうちょ銀行のVisaデビットカードmijicaは高校生だけでなく中学生も

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行のVisaデビットカード(mijica、みじか)について

注意点も含めて紹介します。

デビットカードとは

はじめに、デビットカードについて簡単に説明します。

デビットカードとは決済用のカードのことで、クレジットカードと同じく日々の買い物や食事などで現金代わりに使えますが

利用代金が即時に口座から引き落とされるため

必ず1回払いで、銀行口座に残高がないと利用できないのが特徴です。

mijica

出典:ゆうちょ銀行

そのため、

使い過ぎにならないという利点もあり

また、デビットカードは15歳,16歳から申請でき審査がほとんどありませんので、クレジットカードよりも持ちやすくなっています。

もちろん、

ネットや海外でも利用できますし、ATMで現地通貨を引き出す(海外では出金のみ)ことも出来ます。

セキュリティバンク

ポイントが付くので

現金で支払うよりお得です。

ゆうちょ銀行のデビットカードはプリペイドカードとしても

mijicaはプリペイドカードとしても

ゆうちょ銀行のデビットカード(mijica)はちょっと変わっていて

デビットカードとしてだけではなく、プイペイドカードとして使う事も出来ます。

この場合、

あらかじめチャージした分だけしか使えないですから

デビットカードよりさらに使い過ぎを防げる

プリペイド

そして、

紛失などで万が一にも不正利用されてしまった場合でも損害を最小限に抑えられる点が優れています。

プイペイドチャージ

プリペイドカードとして利用する場合は

デビットチャージ機能をOFFにし、事前にチャージしておきます。

  • Webやスマホアプリから
  • 現金でゆうちょのATMから
  • ポイントから

と、

チャージ方法も豊富で、ネットで毎月決まった日にチャージ設定しておく事も可能です。

mijicaはデビットカードとしても

普通にデビットカードとして利用する場合は

デビットチャージをONにしておけば、ゆうちょ銀行口座の残高の範囲内で利用できまして

使い過ぎを防ぎたい”場合は、利用限度額を少なめに設定しておくと良いでしょう。

使い方は簡単で

コンビニやスーパーなどではカードを差し込むだけだったり

カード向き

カードを渡す場合も

レジで「クレジットで」と言えばOKです。

最近は支払方法が多様化してきているので、「Visaで」や「1回で」よりも「クレジットで」といった方が

店員さんにはすんなり伝わります。

レシート

レシートにも「クレジット」の文字がありますね。

「デビットカードで」と言わないのがポイントで

たまに暗証番号の入力(またはサイン)が必要な場合もあります。

また、一部の高速道路やガソリンスタンドでは利用できませんが、公共料金や携帯代(格安SIMやインターネットプロバイダは除く)等の定期的な支払には利用できます。

ゆうちょ銀行Visaデビットのポイント

ゆうちょ銀行Visaデビットカード(mijica)は

月間の利用合計に対して永久不滅ポイントが貯まります。これは海外で使った場合(ATMを除く)も同様で

税込2,000円につき1ポイント、優遇店では2ポイント(または3)で

ポイント優遇店は例えば

  • ファミリーマート
  • ココカラファイン
  • ヤマダ電機
  • パルコ
  • 三井ショッピング・アウトレットパーク
  • 郵便局のネットショップ

他にも

札幌、仙台、千葉、熊本にもたくさんありますので、詳しくは

ゆうちょ銀行ポイント優遇店

のページで確認してみて下さい。

1ポイントが5円として利用できますから還元率は0,25%、優遇店ばかりで利用したとしても0,5%ですので

ポイントに関してはそれほど魅力的ではありません。

*ポイント重視でデビットカードを選ぶならこちら

楽天銀行デビットカードVisa/ベーシック、シルバー、ゴールドの特徴
楽天銀行デビットカードのVISAブランドです。ベーシック、シルバー、ゴールド3種類それぞれの特徴、特に年会費のあるシルバーやゴールドを選んだ場合にどういう特典が付くのかを中心に、JCBや他ブランドのデビットカードとの比較も書いています。

ゆうちょ銀行Visaデビットを海外で利用

海外でも日本と同じ様に使う事ができまして

日本での利用に手数料はかかりませんが、海外の場合はどのデビットカードでも手数料がかかってきます。

ゆうちょ銀行Visaデビット(mijica)の場合は

  • お店やレストランなどでの利用時 ー 4%の海外サービス手数料
  • 海外ATMでの現地通貨引き出し ー 4% + 税込55円の手数料

4%なので、結構高いです。

海外でのデビットカードの使い方

使い方は国内と同じで

デビットチャージ機能を事前にONにして

VISAマークのあるお店などでは、カードを渡して出される端末に暗証番号を入力する場合が多く

4桁OK

端末に差し込むだけの時もあります。

また、

レシートとボールペンを出された場合は(カード裏面に書いた)日本語でサインをすればOKです。

海外ATMで現地通貨を引き出す場合

海外のATMでも現地通貨が引き出せまして

こちらも事前にデビットチャージ機能をONにします。

タイや中国のように日本語で操作可能なATMもありますが、基本的には英語での操作が可能になっています。

一例です。

カンボジア・シェムリアップ空港ATMの操作方法とキャッシング手数料など
カンボジアのATMでキャッシングすると手数料がかかる、とネット上にはありますがJCBカードは手数料無料をうたっています。実際どうなのかVISAデビットカードを含めシェムリアップ・プノンペンで試してみましたので紹介します。

ゆうちょ銀行のVisaデビットは

他のカードと同様、海外でも使えますが前述の通り手数料が高く

手数料が安いカードを選ぶ場合は、こちらの方がお勧めです。

イオン銀行デビットカードVISAの特徴とキャッシュ+デビットJCBとの違い
イオン銀行のデビットカードVISAの特徴を「キャッシュ+デビットJCB」と比較しながら見て行きます。特に相違点である申し込み可能年齢やバックアップサービス、キャッシュカードについて押さえて下さい。お勧めはJCBデビットカードの方です。
SBIのデビットカードにマスターブランドが仲間入り、切り替えるべきか?
住信SBIネット銀行のデビットカードにマスターブランド(Mastercard)が仲間入りしました。VISAブランドのSBIデビットカードを使っている人は切り替えた方が良いのか、特徴やスマートプログラムなども含め検証してみたいと思います。

ゆうちょVisaデビットカードmijicaの申し込みと年会費

このカードは満12歳、中学生以上

そして、ゆうちょ銀行口座のキャッシュカードを持っていてeメールの受信可能なスマホ(タブレットやパソコンでも)があれば申し込みできます。

申し込みはネットからでも、ゆうちょ銀行窓口でもOKで

年会費は無料です。

ゆうちょVisaデビットカードmijicaの注意点

最後にこのカードの注意点を紹介します。

12歳、中学生以上から申し込めますが

利用に関しては制限があります。

  • mijicaを持っている人同士で送金が出来る ー 18歳以上(18歳未満は受取のみ)
  • デビットカードとして利用 ー 15歳未満は不可

ですので

15歳未満の場合は、プリペイドカードとしての利用だけということになり海外では利用できません。

そしてもう1つ

このカードは不正利用されてしまった場合に、カード利用停止手続き前の補償がありません。というわけでお勧め度は低いです。

コメント