Grab(グラブタクシー)乗り場まで簡単に行けるマニラ空港ターミナル1

日本航空(JAL)、ジェットスター、

ジェットスター(Jetstar)成田空港第3ターミナルからチェックイン
ジェットスター(Jetstar)で成田空港第3ターミナルからフィリピン・マニラへ向かいます。空港第2ビル駅から第3ターミナルへやチェックインカウンター、手荷物や機内、フィリピンの入国カードの書き方も載せていますのでご覧下さい。

チャイナエアライン、中国国際航空、アシアナ航空、タイ国際航空、マレーシア航空

などで行くと利用するマニラ空港ターミナル1について

到着からロビーやグラブタクシー乗り場を中心に地図付きで紹介します。

国際線専用だからでしょうか、とにかく静かで周りが良く見え

全く危険を感じずにグラブタクシー乗り場へ移動することが出来ましたので、ご案内したいと思います。

マニラ空港ターミナル1到着

マニラ空港ターミナル1に到着し飛行機を降り、みんなの後について行きまして

「Immigration」や「Baggage Claim」を目指します。

イミグレへ

乗り換えの人も含め皆さん一度イミグレを通るようで

混んでいる時もあれば、空いてる時もあり

イミグレへ

深夜着のジェットスターで来た時は空いていて、左側がフィリピン人で右が外国人となっていました。

この写真(↓)は混んでいる時のもので

行列

入国審査が終わったら荷物受取場が目の前にあり

上の画面に乗ってきた便とその荷物の場所が表示されますので見て下さい。

荷物

荷物をとったら到着ロビーに出まして

ロビーへ

マニラ空港ターミナル1の到着ロビーと両替所

昨年に来た時とはちょっと変わっていました。

地図を書いてみましたので参考になればと思います。

naia1

両端に両替所やATMがあって

両替

いくつか銀行も含めてあるんですが

だいたいレートは同じ位で、この時は0,47ぐらいでした。

*ATM利用の方がレートはいいです

フィリピン・マニラ空港ATMでキャッシング~JCBカードで手数料無料に
フィリピンでのペソへの両替、やはり空港ですると思いますので現金両替の場合とATMでクレジットカードのキャッシングやデビットカードでの引き出しの場合ではどれが最もお得なのか、マニラ空港ターミナル1で試してみましたのでご覧下さい。

近くにはSIMカードのカウンターもありますから、利用される方は行って下さい。

ちなみに

ジェットスターで深夜着の場合でも両替所、ATM、SIMカードやタクシーのカウンターは開いていて

空港SIMブース

SIMカードは以前に来た時よりも高く、

チラッと見た感じですがスマートの安いプランでも1,000ペソ(2,000円ちょっと)だったような気がします。

*SIMカードを日本で、と考えている人はこちらを

AIS SIM2Flyの設定など/日本で購入してフィリピン・台湾で利用する
日本で事前に購入したSIMカード、AISのSIM2Flyをフィリピンと台湾、日本で使ってみました。ローミングON、APN設定だけではネットに繋がりませんでしたので特徴と合わせてAndroidでの設定方法を中心に紹介します。ご覧下さい。

マニラ空港Grab(グラブタクシー)乗り場へ

では、グラブタクシー乗り場に向かいましょう。

中央あたりの出口から外に出まして

外へ

(出たところを左に行くとメータータクシー乗り場)

右に行くと空港間のシャトルバス乗り場があり、

グラブタクシー乗り場はまっすぐ横断歩道を渡ります。半分渡った所にこのような案内板がありますので

右へ

渡りきる前に右に行けばいいわけです。

右を見てみると紫色のプレミアムバスのブースが見え

プレミアムブース

時刻表が見当たらないのと

バスの中に1人、スタッフなのかお客さんなのかわかりませんが休んでいたので起こしては悪いと思い、今回はパス。

空港からではないですが、1度乗ったこともあるので。

パサイ・バスターミナルからマニラ空港までシャトルバスに乗ってみた
ビクトリーライナーバスの終点パサイ・バスターミナルからマニラ空港ターミナル1までプレミアムエアポートシャトル”UBEエクスプレス”を使って移動しました。パサイ・ターミナルや車内から見た外の様子などを書いてます。ご覧下さい。

で、この1つ先に緑色のグラブタクシーのブースがあります。

ここまで、本当に空港を出てすぐです。

マニラ

マニラ空港でGrab(グラブタクシー)

ここには女性スタッフが1人いて「ウェルカム」といった感じで温かく迎えてくれ

終始笑顔で写真も快く撮らせてくれました。

行き先と名前を言うと、車種とナンバーが書かれたレシートのようなものを渡されますので後は待つだけで

モールなどにもある、

Grabブース

こういったグラブタクシーのブースから乗る場合はアプリは無くても大丈夫で

電話番号を聞かれた場合でも、なければ日本の番号を言えばOKでした。

ちなみに、この先に喫煙スペースがあります。

喫煙所

Grab(グラブタクシー)でパサイターミナルへ

この時は待ち時間ほぼゼロで、赤い普通車でした。

昼前だったからなのか、あまりひどい渋滞もなく、

また、ナビ通りに細い裏道を走ったりして15分位でパサイのビクトリーライナーバスターミナルに到着、

スーツケースを降ろしてもらい料金の190ペソとチップをあわせて200ペソ手渡します。

パサイ

ターミナル1にしても、グラブタクシー乗り場やビクトリーライナーバス乗り場にしても、

外国からの旅行者を向かい入れようという姿勢がすごく感じられました。

ちなみに

フィリピン航空はターミナル2、全日空(ANA)やキャセイパシフィック航空、セブパシフィック航空はターミナル3です。

*以前書いていたUberについては東南アジアから撤退していますので削除させていただき、2019年に行った時のも含めて書いてあります