データ通信専用の格安SIMで安いLIBMOとDMM mobileを比較/LIBMO申し込み

現在使っているファーウェイのコンパクトタブレット、MediaPad T2 7.0で契約中のU-mobileデータ通信専用SIMは5GBプランです。

特に不満はなかったのですが

スマホの方で楽天モバイルの低速通信無制限が利用できるようになり、

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランは楽天会員だとかなりお得です
10分以内の国内通話が何回でも無料でかけられ、高速通信容量を使い切った後でも1Mbpsでのデータ通信が使い放題、楽天会員割や長期割の適用で月々の支払額が抑えられるスーパーホーダイを紹介します。

5GBも必要なくなってきましたので、より安い3GBぐらいのプランを探していたところ

速度も遅くないと評判のLIBMO(リブモ)とDMM mobileがちょうどキャンペーン中でかなり安い料金になっていたため

気になり調べてみました。

LIBMOとDMM mobileのデータ通信プランを比較

LIBMOとDMM mobileのデータSIM(通話なし)、通常時の料金を比較してみます。価格は税別です。

LIBMO DMM mobile
3GB 880円 850円
6GB(DMM mobileは7GB) 1,480円 1,860円
10GB 2,280円 2,190円
20GB 3,980円 3,980円

*この他にもLIBMOには30GBで5,880円の、DMM mobileには1GBで480円のプランがあります

DMM mobileの方が若干安いですが、ほぼ互角といったところで、

共にドコモ回線を利用し、余ったデータ量は翌月に繰り越され、SMSのオプションも150円/月ぐらいでつけられます。

キャンペーン内容

LIBMO

LIBMOは2018年8月現在最大6ヶ月間、月額基本料から400円引きのキャンペーンを行っていて、

チャットで確認したところ期限は未定との事でした。

これとは別に「夏得キャンペーン」が2018年9月2日(日)までありますが、対象は通話SIMとなっていてデータSIMには適用されないのが残念なところです。

DMM mobile

DMM mobileは20周年記念「Wで半額キャンペーン」と題し8月31日(金)までの新規申し込みで、

契約手数料3,000円と月額基本料が6ヶ月間半額となっています。

データSIM、通話SIM共にキャンペーンの対象です。

キャンペーン適用後の料金

では、データSIMでのキャンペーン適用後の料金を見てみましょう。共に割引になるのは6ヶ月間です。

LIBMO DMM mobile
3GB 480円 425円
6GB(DMM mobileは7GB) 1,080円 930円
10GB 1,880円 1,095円
20GB 3,580円 1,990円

半額キャンペーンを行っているDMM mobileの安さが光りますね。

これに加えて新規契約手数料3,000円が半額ですから、キャンペーン期間の8月31日(金)に間に合う方はDMM mobileの方が圧倒的にお得です。

追記 DMM mobileは2018年12/6まで新規契約手数料が無料になるキャンペーンを行っています。

LIBMOにしてみました

DMM mobileのキャンペーン知らなかった、間に合わなかった、

という人はLIBMOの400円引きキャンペーンもそこそこお得ですので、こちらを考えてもと思います。

スポンサーリンク

「LIBMO」、サービス開始が最近のようで知名度もまだ高くないですよね。

ということは使っている人が少ないから、スピードも出るのではないかと期待し、LIBMOの申し込みをしてみました。

それに、

データSIMですと最低利用期間がないですから、いつでも解約できますしね。

自分のスマホはLIBMOに対応しているか知りたい方はLIBMOの動作確認済み端末をご覧ください。

また、シムフリーかドコモのスマホでしたらLIBMOのSIMがそのまま使えますが、

ソフトバンク、auからの場合はシムロックの解除が必要です。

LIBMO申込み

申込みにはクレジットカードが必要になり、デビットカードは不可です。

それからメールアドレスの記入欄がありまして、

ドコモやauなどのキャリアからMNP(今まで使っていた電話番号を引き継ぐ)で通話SIMを申込む方は

MNP完了後キャリアメール(docomo.ne.jpなど)が使えなくなりますのでGmail等その他のアドレスを記入する必要がありますし、また、申込み後運転免許証などの本人確認書類が必要になります。

*DTI SIMも安いです

データ通信専用の格安SIM/20GB以上の大容量プランで安いDTI SIMについて
パソコン利用時、外でも使えるポケットWi-Fiに大容量プランの格安SIMを入れたりスマホでデザリングしてみようかと思い無制限プランも含めデータ専用SIMを検討します、DTI SIMのお試しプランも紹介します。

初期費用と月々の支払額

初期費用が3,000円

3GBのデータ通信専用SIMで月々の支払いが482円になりました。共に税別です。

ユニバーサルサービス料が2円かかっていますが6ヶ月間はこの料金で、3GBで約500円は安いですよね。

その後は880円になりますので使ってみて決める予定です。

初期設定~利用

ガイド

出典:LIBMO

SIMが届くまで申込から1週間ぐらいとありましたが、

実際には2日後にはSIMは到着しました。

SIMと一緒に入っている「データ移行・初期設定ガイド」の通りAPN設定し、

名前 libmo
APN libmo.jp
ユーザー名 user@libmo
パスワード libmo
認証タイプ PAPまたはCHAP

使ってみると予想どおり速く快適、と思ったのですが

回線が混雑する昼時などはスピードが結構落ちます。この時間に関しては前に使っていたU-mobileの方が速度は全然出ていました。

マイページにログイン

LIBMOのマイページにログインすると料金明細や利用状況が見れる他、プラン変更、支払い方法の変更などもここから出来ます。

マイページ

その際ユーザーIDとパスワードが必要ですが、

パスワードは、SIMとは別に後日送られてくる「ご契約内容確認書」に記載されていますので、利用開始から数日間はログインできません。

この速度が今後も維持され、

混雑する時間帯のスピードがもう少し改善されれば7か月目以降も使い続ける予定です。

*データ量を結構使う人はWiMAX(ワイマックス)などを兼用するのもいいかもしれません

404 NOT FOUND | mayowazunoru.com
初めて行く地への旅がぐっと身近に