チェンライ観光、クンコン滝へホワイトテンプルを経由してトゥクトゥクで

チェンマイからチェンライへ来て

チェンマイ第3バスターミナルからチェンライへの移動とクロックタワーホテル
タイのチェンマイからチェンライへバスで移動します。チェンマイのバスターミナルまでとターミナル内やチェンライ行きチケットの購入、待合所の様子、そしてチェンライで泊まった安くて良いクロックタワーホテルも紹介しますのでご覧下さい。

若干、気温は下がったかもしれませんがやはり暑いわけで、

チェンライ中心部から気軽に行ける涼しそうな場所を探していたら、クンコン滝を見つけました。

調べてみるとホワイトテンプル(ワット・ロンクン)にわりと近いので

まずはここに行ってから、その後の手段を考えることにします。

チェンライ第1バスターミナルから

ホワイトテンプルへはチェンライの中心部にある第1バスターミナルから

安く行くことができ

チェンライ市内

表示されている MAE KACHAN 行きに乗ります。

MAE KACHAN行き

30分から1時間に1本の割合で

出発してから女性スタッフが料金の徴収に来ますので「ホワイトテンプル」といって20バーツを出せばOKです。

バス車内

1ヶ所止まり、

ここで結構な人が乗って来たので満席でした。40分弱かかったと思います、到着するとスタッフが教えてくれますので

そこで降りると

バスを降りる

通りの反対側に白い寺院が見えます。

ホワイトテンプル(ワット・ロンクン)

これですね。

ホワイトテンプル

とりあえず入場せずに外側だけ見て

Grabアプリを起動、行き先にクンコン滝を入れてみると1,000バーツを超えていました。

また、ドイインタノン山へ行った時のような金額がかかるのか?

整備されてる

や、

どうせ止まっているタクシーも同じだろう?

お土産屋

なんて

独り言をブツブツ言いつつ

反対側にトゥクトゥクがあるのが見えたので聞いてみました。

TAXI

バンの隣の小さなタクシーですが

なんと、

クンコン滝へ行って、チェンライへ戻って500バーツ(約1,700円)です。

Grabの半額以下なので即決しました。

トゥクトゥクでクンコン滝へ

きれいな花なんか見ながら

鮮やか

ホワイトハウス(?)なんかもあったりで

ホワイトハウス

やっぱり、トゥクトゥクはバイクですから

あまりスピードが出ないところも魅力ですね。

上りに入ってくると本当に遅く、大丈夫か?なんて思っちゃいますが心配無用でした。

登って行かない

そのうち小さな川沿いを走り

この時は雨が降り出してしまったので、みなさん避難していますが

川沿い名所

帰りに通った時は子供が水遊びしている姿もあり、この辺でゆっくりっていうのも良いと思います。

そしてゲートを素通りし

入場ゲート

30分ぐらいで入り口に到着。

ドライバーにここで待っていてもらい、といいますか何も言わなくても「行ってきて」って感じでした。

ここから真っすぐ歩いて行き

直進

*日本で購入したAISの通話SIM(400円)をWiMAXのルーターで使っています

WiMAX W06はシムフリーか、海外SIMカードは使えるのか、試してみた
WiMAXの新しい端末W06はシムフリーなのか?海外のSIMカードは使えるのか?と疑問を持った方は見て下さい。楽天モバイルの通話SIM(ドコモ系)を入れてのプロファイル(APN)設定や海外SIMカードを使う場合の注意点など書いています。

クンコン滝へハイキング

お店を過ぎたら

お店

トイレの横の小道を進んで行きます。

トイレ横

先ほどの雨もすっかり上がってハイキング日和で

ここから

徐々に登って行きます。

登り

たまに、障害物があったり

倒木

急だったり

それから所々、クンコン滝まであと600mなどの表示もあり

迷わずに進めます。

険しい

危険な所には茶色のタオルが巻いてありまりますから

そこは気を付け

危険

そして、あと200mの所で二手に分かれますが

どちらからでも行けます。

あと200m

真っすぐの方を選んだ場合でも、

ちょっと草木をかき分けると

葉っぱや木をどけて

クンコン滝が見えてきますが

私は、手前の木の方が気になってしまって

滝より木

思わず立ち止まってしまいました。

斜面に立っているので、踏ん張ったらこうなってきたんでしょうか?

木

いい汗をかきながら25分位で到着。

クンコン滝

滝の近くは水しぶきもかかって涼しく、長居したくなってしまいますが

ハエがいるのも事実だったりします。

ハエもいる

変わった赤い虫もいました。

赤い虫

帰りは急な所だけ注意すれば大丈夫で

急な所

足元を見ながら歩いていると

またまた珍しい虫がいます、これ薄っぺらいんです。

これは?

水の音と鳥の鳴き声を聴きながら

タイの自然を一部ですが満喫し

渡らうと思えば

帰りは下りなので軽快に降りてきました。

トイレの横辺りも涼しげで、お店の前の川沿いで寝ている人もいたりします。

下の方

個人的には

チェンマイから行ったドイインタノン山のネイチャートレイルよりも、こちらの方がより自然を感じることが出来ると思います。

チェンマイからチョームトーン、ドイインタノン山のネイチャートレイル
タイ北部にあるドイインタノン山のネイチャートレイルに行って来ました。チェンマイのバスターミナル1からチョームトーンにバスで行き、そこからタクシーで45分、そして絶景を見ながらの爽快なトレッキングなど紹介します。ご覧下さい。

トゥクトゥクで山を下り

チェンライへ向かうので、行きとは違う道を通り

シンハーパーク

チェンライの何処までとか特に希望は言っていないのですが

第1バスターミナルまで乗せてってくれました。

トゥクトゥク

言葉は全然分かりませんが

なんとなく通じまして、タイに行ったら1度はトゥクトゥク利用してみて下さい。お勧めです。

タイでフルーツ

最後に、

今日もタップリ汗をかいたので甘いものを。

ここで切る

屋台でフルーツを売っていて

「これ」って指さすと、その場で切ってくれ

スイカ

こんなに大きくて20バーツです。

お試しあれ。