39歳以下WEB限定のJCBカードW / W plus Lは年会費無料、海外でもJCB

先日、タイに行った時にJCBカードが活躍してくれました。

ATMでのキャッシング時、中国でもそうでしたがATM手数料がかからず空港で素早く現地通貨を調達

タイ・ドンムアン空港のATMでキャッシングとデビットカードでの引出し
バンコク・ドンムアン空港に到着してバス等で移動する前にタイ・バーツへの両替が必要です。クレジットカードやデビットカードでATMから現金を引出した場合はお得なのか2つの銀行で検証してみます。

また、

JCBの優待情報アプリ「たびらば」で検索してお得にマッサージ、

なんてことも出来ましたので、海外に行く時に1枚あってもいいのではと感じるJCBカードの中から

常にポイント2倍のJCBカードW / W plus Lを紹介したいと思います。

海外旅行傷害保険

まずは旅行保険から。

JCBカードW / W plus Lの海外旅行傷害保険は持っていれば適用される自動付帯ではなく、

事前にその旅行費用などをカードで支払った場合に適用される利用付帯となっています。

航空券のチケットや、日本を出国する前の空港へ行く公共のバス、電車なども旅行費用などに含まれますから、

*一例です

香港エクスプレス(HKexpress)成田空港第2ターミナルからチェックイン
香港エクスプレで成田から香港へのフライトです。成田空港への交通費で利用付帯の海外旅行保険を有効にし、そして第2ターミナルからチェックイン、搭乗です。帰りの香港空港ターミナルについても書いてます。

手軽に旅行保険を適用することが出来ますね。

その内容は、

傷害死亡後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき100万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき100万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害(自己負担3,000円) 1旅行中20万円限度(1つあたり10万円限度)
救援者費用等 100万円限度

となっていまして、

年会費無料のカードとしては一般的な内容で、旅行先によってはこれだけでは十分とは言えないかもしれません。

特に「傷害治療費用」「疾病治療費用」の額が共に100万円限度と少し物足りませんので、

できれば保険が自動付帯のカードをもう1枚は持って行きたいところです。

REXカードの海外旅行保険は自動付帯、高還元のポイントは口座引き落とし時に
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のREXカードを紹介します。海外だけでなく国内旅行保険について、高還元なポイントとその使い道、キャンペーン等について書いていますのでご覧ください。

そして家族会員にも同様の保険が付きますが、一般のクレジットカードですから家族特約はなく、

同行する家族(特に18歳未満の子供がいる場合)にも補償が欲しい場合は

ゴールド以上のカードが必要になってきます。

*40歳以上の方はこちらをどうぞ

JCB一般カードは海外でお得!旅行傷害保険は普通だが利用でポイント2倍に
JCBオリジナルシリーズの中から一般カードを紹介します。40歳以上の方でも申し込みでき年会費も安い、海外旅行保険も付いて、そして海外での利用でもお得なクレジットカードとなっています。
ミライノカードGOLD(JCB)最大の特徴は海外旅行保険/家族特約もあり
充実の海外旅行保険が付いたミライノカードゴールド、QUICPay(クイックペイ)機能付きで普段の買い物もスピーディーにでき海外でJCBのサービスも利用できるこのカードの特徴を紹介します。

JCBならではのサービス(海外)

海外に設置されたサービス窓口、JCBプラザにこのカードを持って行くとレストランやツアー等の予約、問い合わせが日本語で出来ます。

さらに、

ハワイや台湾、パリなどいくつかの都市には自由にくつろげるJCBプラザラウンジなるスペースがあり

JCBプラザラウンジ

ここでは、JCBプラザのサービスに加え、

ネットやプリントアウトの他、マッサージ機が使えたり、ドリンクが飲めたりと本当にくつろげてしまいます。

タイでJCBカードは?/バンコクのJCBプラザラウンジへも行ってみました
海外では弱い、と言われるJCBカードをアプリ「たびらば」と共にタイのバンコクを中心に使ってみました。温泉やマッサージの他、くつろぎのスペースJCBプラザラウンジへも行って来ましたのでご覧ください。

私もJCBプラザラウンジ・バンコクに行った時

飲み物もらって、休憩して荷物を預かってもらっただけの利用しかしていませんがスタッフの対応は良く

そして、なんといっても日本語が完璧でした。

JCBカードの紛失・盗難時のサポートもありますので、万が一の時にも日本語で伝えることが出来る

というのは大きいですね。

申し込みと年会費、カードは2種類

申し込みはネットから限定、

高校生を除く18歳以上から39歳以下で本人または配偶者に安定収入のある方、そして年会費は無料。

スポンサーリンク
JCBオリジナルシリーズ

家族会員の条件は生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)で、

こちらも年会費は無料で

さらにETCカードの年会費まで無料!となっています。

W/WplusL

出典:JCB CARD W / JCB CARD W plus L

このカード、JCB CARD W と JCB CARD W plus L と2種類ありまして、内容はほぼ同じですが

JCB CARD W plus Lには女性に嬉しいサービスが付いています。

「キレイ」を応援するLINDAサイトでお得な情報が得られたり、

女性向け保険が手頃な掛け金で付帯できたりします。

plus L

Oki Dokiポイント

貯める

ポイントは毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに通常Oki Dokiポイントが1ポイント付きますが、このカードの場合は常に2倍になり

更に、JCB優待店(パートナー)での利用でポイントがアップします。

例えばセブンイレブンで3倍、

アマゾンで3倍などとなっていて、また

事前にキャンペーン参加登録の上、スターバックスカードへのオンライン入金、オートチャージでポイント10倍!

スタバ

と、ポイントをお得に貯めることが出来ます。

使う

ポイントを利用する場合は、1,050ポイントでJCBギフトカード5,000円分に交換出来たり、

Amazonでの買い物の際、1ポイント3,5円として使えたり、

また、他のポイントに移行することも可能で、Oki Dokiポイント1ポイントがそれぞれ

nanaco 5ポイント
WAON 4ポイント
Tポイント 4ポイント
楽天スーパーポイント 4ポイント
スターバックスカード 4円分

となり、

ポイント還元率は、優待店やOki Dokiランドを全く使わない場合は1%を下回ることもありますが、

セブンイレブンやスターバックスをよく利用されるのであれば2%以上も可能となっています。

キャンペーン他

2019年3月31日(日)までインターネットからの新規入会で、入会後3ヶ月間はポイント2倍が4倍に。

さらに、

入会後お友達紹介や家族カード新規入会でギフトカードやキャッシュバックが受けられるキャンペーン中となっています。

*最新のキャンペーンは公式サイト等で確認して下さい

JCB「W plus L & W」

その他 、

カード利用明細はWEBのみでMyJCBから確認、

QUIC Pay、Apple Payにも対応、と一通りそろっていて初めて持つカードとしてもお勧めできる1枚となっています。

そして、JCBの場合はインフォメーションに電話が繋がりやすいのも魅力の1つで、安心して使っていけるカードです。