弾いてみた動画をアップしました
よかったらどうぞ

グレコのケーラーアーム付ギター「DEVICE」が手に入ったのでチェック

フラッと立ち寄ったハードオフにグレコのDEVICEという、

懐かしの尖がりヘッド、じゃなくてコンコルドヘッド(ジャクソンヘッド?)のギターがありました。2万円です。

デバイス

80年代に流行ったジャクソンやシャーベルのディンキーシェイプで、キズとかサビなんかもあるんですが、

そんなことよりも

ピカピカのケーラーブリッジに目が引かれまして

ケーラー

そして、

持ってみたらネックが握りやすくミディアムスケールっぽいので、資金を作り1週間後に購入してしまいました。

今回はこのギター、

グレコのDEVICEを、特にケーラーブリッジを中心(後半)にチェックしてみたいと思います。

グレコのギター、DEVICE

シリアルがA86から始まるので1986年製でしょうか。だとしたらジャパンビンテージに属しそうですね。

外観は、底部に木には達していない大きなキズが1ヶ所あり(黒色が出ている)、

キズ

細かいのもちょこちょこ。

若干の日焼けもあって、付け根に塗装のひび割れ(個人的にあまり気にならない)なんかもあるんですが

ひび

しかし、

34年前のギターにしては綺麗な方で、指板はエボニーっぽいし(ローズか?)フレットがあまり減っていません。

エボニー

あまり弾かれることなく

長らくスタンドに立ててあったか、ケースの中にしまってあったような感じです。

GRECOのカタログによると

ネットで調べてみるとグレコの古いカタログが出てきました。

楽器の出張買取屋さんの記録 Greco 1985 catalog

こちらによるとJJ-F1というモデルのようで、

GROVERのペグにJacksonのピックアップ、そしてブリッジにケーラーという豪華仕様(?)で、ボディ材などは書かれていませんが定価85,000円です。

ペグ

昔、

ギターってほとんど定価で売られていましたから、中古とはいえ2万円でこういうのが買えてしまうのは

ある意味、いい時代ですね。

DEVICEの試奏とピックアップ

早速、試奏します。やっぱりミディアムスケールで

*他にもミディアムスケールのストラトあります

私の指は短いかも、と思ったらミディアムスケールのギターを選ぶのもアリ
個人的にミディアムスケールのギターを使っていまして、もし、手が小さいとか、レギュラースケールのギターは何か弾きずらいと感じていたらミディアムスケールのギターをお勧めします。中古も含めてストラトにもありますので紹介します。

ネックがまあまあ薄めで弾きやすくアームが軽くて良いな、なんて思ったら、ハードロックな外観に対してアンプに通した音が若干ですが迫力不足に感じます。

歪みももう少しあっても良いような。

*あくまで個人的な感想です

ジャクソン

JacksonのJ-50はPAF系のピックアップのようで

レスポールには合いそうですが(勝手な想像です)、このギターには後で他のを付けてみようかと思っています。

スポンサーリンク
サウンドハウス

サステインがちょっと足りないのはケーラーのせいか?

後日、ディマジオのピックアップに交換してみました。

Dimarzio(ディマジオ)DP-155、DP-152の取り付けと配線、2ハム
Dimarzio(ディマジオ)ピックアップの交換と配線についてです。グレコのDEVICEというギターにDP-155 TonezoneとDP-152(H2)を取り付けてみました。部品やトグルスイッチ、2芯の場合、2ハムでの配線図も書きましたのでご覧下さい。

ケーラー(Kahler)トレモロブリッジのチェック、調整方法

では、肝心のケーラーをチェックします。

弾いた後に(フラット方向に)チューニングが狂いまして、軽くアームアップをすると戻る。という特徴?(私のだけか?)は直るでしょうか。

アメリカ製ですので、300円でインチの6角レンチセット(小型)を買ってきまして

インチ工具

(アームバーは純正ではなさそう)

まずは、弦を緩めて

弦が乗るサドル近くの各弦に2カ所あるビスを回してみたいと思います。

2ヶ所

ここは、

レンチサイズが0,05で、弦高を調整するビスでした。

時計回りで上がって行きます。

上

次は

ネック側の各弦に1カ所ある、こちらも小さなビスですが

リヤピックアップを下げてアクセスし

1ヶ所

工具サイズは先ほどと同じ0,05、

ここはサドルの前後を調整するビスでした。時計回しで後ろに下がっていきます。

前

オクターブチューニングの時に必要ですが

ちょっと場所的にやりずらかったです。

オクターブチューニングとネック調整をレスポールのギターでやってみます
オクターブチューニングのやり方を紹介します。これを知っておくとギターを弾いた時の違和感に気づいたときに役に立つはずで、またオクターブ調整前にはネックが正常な状態であることが望ましいので”そり”を治す方法も書いています。

それから、アームの横にもビスがありまして、

工具は5/64というサイズでした。水平方向を調整でき時計回りに締めていくと後ろが下がっていきます(アームアップ方向)。

アーム横

ここはテンションの調整でしょうか、ほぼ水平にして

一通りやったのですがこれら以外に調整箇所はなさそうなので、やはりチューニングの狂いを直すのは無理っぽいです。

今回は、初ケーラーなのでブリッジを外してみました。

ブリッジアース

後ろ側もキレイで、

ブリッジアース線(針金)がボディから出てきて、その上にブリッジが乗っかる構造が面白いですね。スプリングが一体なのでこうなると。

せっかくなのでトレモロスプリングの見える範囲と内側(サビが出ていた)にグリスを付けてから

バネ

元に戻して

表側の弦と接触する部分にもグリスを付けておきました。

サドル

ちょっと付けすぎ。

これをやるとチューニングの安定性が向上するらしいので少しでも良くなればと思い一応。しかしフラット方向に狂うのは直らず。

*ナット側のロックする方の工具サイズは3/32です

最後にボディやネックも清掃して終了です。

気に入ったギターは長持ちさせたい、というわけでたまにはメンテナンス
エレキギターのメンテナンス、結構自分で簡単に出来るものが多いんです。これをやるかやらないかで不要なトラブルが防げるかもしれないですし、気に入ったギターをより長く気持ちよく使う事が出来るかもしれません。たまにはやってみましょう。

今回はここまでですが

写真ではわかりずらいサビの出ているノブを交換すれば

デバイス

パッと見、

34年前のものとは思われないのでは、とちょっと自己満足しています。

以上、グレコのエレキギター「DEVICE」の紹介でした。

コメント