カンボジアでGrab/シェムリアップ空港からやプノンペンでトゥクトゥク利用

カンボジアでの移動にGrab Taxi(グラブタクシー、以下Grab)のトゥクトゥクを使ってみました。

普通のトゥクトゥクやタクシー、バイクタクシーにも乗りましたが

結論として、使えるところではGrabの方が安かったですので、ちょっとした注意点と写真も交えて紹介したいと思います。

シェムリアップ空港からGrabトゥクトゥク

シェムリアップ空港でSIMを購入して早速Grab使ってみます。

位置情報をONにしてアプリを開くと行き先(I’m going to)の入力になりますので、ホテル名を入れ

JustGrabの辺りをタップすると

ジャストグラブ

トゥクトゥクが出てきました。

14,800リエル(約3,7ドル、この時のレートで約400円)とタクシーに比べ半額以下でだいぶ安いです、

タップします。

14,800リエル

JustGrabがタクシー

GrabRemorqueが通常のトゥクトゥク(ちょっと大きめ)だと思います。

トゥクトゥク中

「Book」からドライバーの写真が出ましたらタップすると、画面上でこちらに向かっている車が見れ、

ドライバーの名前と顔、その上に車のナンバーが表示されます。

2分で

画面に表示された現在位置はターミナル2(国内線)となっていましたので、すぐ近くですから行ってみましょう。

空港建物を出たら左へ行き、左へ

すぐに右側に大きな門が見えます、

大きな門

この門を出た通り沿いにGrabは来るはずです。

*シェムリアップ空港到着から建物出口まではこちらをご覧ください

シェムリアップ空港到着からカンボジアのビザ取得/帰りのチェックインも
カンボジア・シェムリアップ空港に到着してからのビザ取得や入国審査について、両替所やSIMカウンターの場所など地図も織り交ぜて紹介します。初めてのカンボジアでも安心できるように書いています。

特にGrabのマークなど入っていませんがフロントガラスにナンバーが書いてありますし、ドライバーがアプリの画面を見せてくれてGrabだと判断がつきました。

トゥクトゥク

「到着した」と画面には出ていたのですが空港内まで入ってくるかと思ってターミナル2の玄関前にいたところ、

画面上、通りで止まったままでしたので

もしかしたらと思い、門のところへ行ってみたわけです。だいぶドライバーを待たせてしまいました。

グラブトゥクトゥク

空港への帰りも利用しましたが料金は同じぐらいで、行き先でターミナル1(国際線)も出ます。

2人ぐらいしか乗れなそうだな、

と思い聞いてみると3人でもOKと言っていましたが、荷物があったりすると微妙な感じです。JustGrabかRemorqueを選んだ方がと思います。

20分から25分位で宿泊先(Big Lyna Villa)に到着、

宿泊先

リエル表示ですがドル(1ドル=4,000リエル)で支払え、5ドル紙幣を渡したらお釣りもちゃんと返ってきました。

今回、だいぶドライバーを待たせてしまったわけですがメッセージや電話は来なかったです。

*Grabの登録についてはこちらをどうぞ

フィリピンでグラブタクシー(GrabTaxi)の登録をし金曜日の夜に使ってみたら
フィリピンでGrabの登録をやり直してパサイバスターミナルからマニラ空港ターミナル1までグラブタクシーを利用しました。登録方法やアプリの使い方、金曜日の夜のマニラ周辺の状態など参考にして下さい。

メッセージは日本語に翻訳される

プノンペンで利用した時のことです。

シアヌークビルからのバスでプノンペンのバスターミナルに到着し

プノンペン到着

行き先のホテル名を入力し

トゥクトゥクを呼びますが車がなかなか見つからず。

香港ギフトショップに

で、メッセージが来ました。日本語に変換され、

この後も「あなたのシャツの色は?」とか「あなたに会えません」とメッセージが来て

日本語に

キャンセルされてしまったのですが、原因は位置情報の狂いだったようです。

バスターミナル前なのに現在位置は「Hong Kong gift shop」になっていて50m以上ずれていました。

結局この時は近くにいたバイクタクシーでホテルへ向かい、Grabトゥクトゥクより高い2ドル(約220円)を支払い、

翌日に利用時もやはり位置情報が狂っていましたので現在位置をタップし手動で入力し直し、キリングフィールド(killingで候補が出てきます)に向かいます。

キリングで

乗車中、今度はこちらから日本語でメッセージを送ると変換されるのか試させてもらいました、

ドライバーのスマホには英語でのメッセージが表示されましたので日本語でも問題なさそうです。

GRABトゥクトゥク

ただ、英語を話せないドライバーもいますので完全に理解してくれるとはいかなそうですが。

ちなみに

キリングフィールドはプノンペンの町中からは離れていて道路が綺麗ではありません、タクシーなら大丈夫ですがトゥクトゥクの場合はマスクがあった方が良いです(シェムリアップも同様)。

メニュー

電話番号の変更やクレジットカードの登録などを行う場合は、

画面左上の顔のマークをタップするか、マークが出ていない場合は画面の一番左から右方向へスワイプするとメニューが出てきますので、そこから行います。

最後に注意点など

待っている間に他のトゥクトゥクドライバーが声をかけてきますが、その時はドライバーのスマホ画面を見れば、

正規のドライバーなら画面にこちら(自分)の名前が表示されていますから区別がつくはずです。

それから、

出発すると道を私に聞いてくるドライバーが2人もいて、ちょっとびっくりでしたし

目的地を通り過ぎるドライバーもいましたので最後まで油断しない方がと思います。とはいえ、みなさん悪気はなさそうで

Grabはボッタクリの心配もありませんし便利ですから使ってみて下さい。

*クレジットカードのキャッシングならATM利用料は無料でした

カンボジア・シェムリアップ空港ATMの操作方法とキャッシング手数料など
カンボジアのATMでキャッシングすると手数料がかかる、とネット上にはありますがJCBカードは手数料無料をうたっています。実際どうなのかVISAデビットカードを含めシェムリアップで試してみましたので紹介します。

*2019年3月追記

今回は通話付きSIMを使っていますが、

ベトナムで利用した時に、データSIMをルーターに入れてWi-Fi接続で使いましたがメッセージのやり取りは出来ますので

ベトナム・ダナン空港からGrabで五行山~Grab Taxi&Bikeを利用してみて
ベトナムで配車アプリ「Grab」の利用です。ダナン空港からGrabタクシーで五行山に行った時とダナン市内で利用したGrabバイクについて、アプリの使い方やバイクを利用する場合の注意点を紹介します。

登録(電話番号が必要)だけ日本でやっておいて

利用時はデータSIMでも良いかと思います。