台湾・桃園空港第1ターミナルに到着したら両替、悠遊カードとSIMの購入を

台湾の空港に着いたらみなさん両替をすると思いますが

他にも空港内では、台湾での移動などに役立つ悠遊カードや台湾でスマホを使うためのSIMを購入する事が出来ます。

今回は桃園空港第1ターミナルに到着してからの場所や購入方法を紹介したいと思います。

*2018年写真、本文一部変更と到着ロビーの地図を追加しています

台湾・桃園空港第1ターミナルに到着

台湾桃園空港第1ターミナルに到着し飛行機を降りたら

「入境檢査( Immigration )」の方へ向かい

イミグレへ

案内ボードに従って歩いていくと入国審査手前にSIMカウンターと両替所がありますが

先に入国審査を済ませてしまった方が良いかと思います。

手前が台湾人( citizen )と奥が外国人( non citizen )とに別れていますが外国人の方が時間がかかっているようで、

速く歩いて行ったつもりでも行列が既に出来始めていましたので。

機内で書いた入国カードはここの入国審査(イミグレーション)でパスポートと一緒に手渡し、ここでは写真と指紋を撮られます。

台湾ドル(単位は元)に両替

パスポートを返され入国審査が終わると

奥のエスカレーターで下の階に降り、預けた荷物を取りますが

荷物

荷物が出てくるのを待つ間、この階の端にトイレと両替所がありますので

ここが空いていれば両替しておいて良いと思います。

台湾銀行

私もここで両替したのですが

「両替お願いします」と言って2万円を差し出したら、「2万円ですか?」「名前書いてください」と日本語で返ってきました。

日本語でサインします。

ちなみに空港内レートはどこも同じくらいで

荷物を取ったら、何も申告するものがなければ緑の「nothing to declare」の方を通り到着ロビーへ向かいます。

*2018年11月追記

現金両替の場合のレートは同じぐらいでしたがATM利用した方が有利でしたのでご覧いただければと思います

台湾・桃園空港ATMでのキャッシングと繰り上げ返済時のコツ/場所は地図つきで
桃園空港第1にも第2ターミナルにもある台湾銀行とMRTにある國泰世華銀行のATMでクレジットカードでのキャッシングとデビットカードでの台湾ドル引き出しです、空港両替の場合と比較してみます。

到着ロビーへ出て悠遊カードとSIMの購入

悠遊カードの購入

全てではないですが電車やバス、スーパー、コンビニ、一部の飲食店などで現金の代わりに悠遊カードで支払いが出来ます。

MRT(台湾の地下鉄)など割引になるところもありますし

切符を買わずに済みますので非常に便利で

購入に100元(台湾ドル)必要ですが1枚持っておくといいと思います。

第1ターミナル

到着ロビーに出たら左に行くと

到着ロビー

すぐに右側にこのようなMRT空港(エアポート)線のサービスカウンターがありますので、

悠遊カードはここで購入できます。

悠遊カード

「ヨーヨーカー、プリーズ」と言うと私が日本人だと分かったのか「日本人?」と聞かれ

日本語の料金メニューに替えてくれました。

そのメニューを見ながらチャージする金額を選択し、悠遊カード代100元(台湾ドル)とチャージ代合わせた料金を支払いますが

ここでは日本語は通じませんでしたので指で差して選択し

私の場合はチャージ代と悠遊カード代で500元を支払いました。

ただしこのカウンターの営業時間が8:00~21:00となっていましたので他の時間に到着する便の方は、

バス停に行く途中にある台湾のコンビニHi-Life(ハイライフ)でも購入可能ですのでそちらを利用するのが良いかと思います。

ハイライフ

夜中も開いています。

「ヨーヨーカー、プリーズ、ワンハンドレッドチャージ」で通じました。購入と一緒に100元(台湾ドル)とりあえずチャージしています。

悠遊カード黒

Hi-Life

*Hi-Life、バス停の場所はこちらを

桃園空港第1ターミナルから台北駅までは快適なバス國光客運を利用して
桃園空港から台北へはMRT空港線などいくつか方法があると思いますがバス停まで近く料金も安いバスをお勧めします。國光客運1819での行きと台北バスターミナルからの帰りのバス乗り場等を紹介します。

*悠遊カードのチャージについてはこちらをご覧いただければ

悠遊カードのチャージ方法と残高確認アプリ「Easy Wallet」の登録方法
台湾での移動に大活躍する悠遊カード(easy card)、交通系としてだけでなくコンビニやスーパーでも使えて私たち旅行者にとっても便利なこのアイテム。チャージ方法と残高確認アプリを紹介します。

台湾のプリペイドSIMカード購入

悠遊カードの購入が終わったら来た方向へ戻り

人待ち

先程の出口を過ぎると、右側に赤い案内ボードがあり

台湾の通信会社3社のカウンターが並んでいますので、ここでプリペイドSIMの購入が出来ます。

営業時間は7:00~24:00となっていました。

SIMカウンター

並んでいる人がいませんでしたので一番左の台湾大哥大(台湾モバイル)にし、

料金プランが後ろの壁に貼られています、自分の滞在日数に合わせて選び

私の場合は滞在日数4日間で特に電話を使う予定はないのでBのプランにします。300元(台湾ドル)で、通話料50元分が含まれています。

台湾モバイル

Taiwan Mobile

「プランB、プリーズ」と言ってSIMを抜いたスマホ(抜いておかなくても大丈夫です)とパスポートを渡すと、

「シムフリー?」

と聞かれ用紙を渡されますので自分の名前と今日の日付を日本語で記入します。

1~2分でセッティング完了です。受け取ったSIMの取説にはAPNの設定方法など書いてありますが全部スタッフの方がやってくれます。

SIMカード

受け取ったらすぐに使える状態で、対応も丁寧で素晴らしいです。

料金プランはどこも同じような感じで、通信量無制限と書いてありまして

台湾大哥大(台湾モバイル)はかなりサクサクで、平日の夜アプリの更新をしましたがあっという間に終わってしまいました。

*日本で購入できるSIMについてはこちらを

日本で購入できる台湾のプリペイドSIM fareastoneと亜太電信をご紹介
fareastoneと亜太電信。台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日間無制限でAmazon、Yahooショッピング、USIM.Cheapで事前に日本で購入し台湾に着いたらすぐに使い始められる便利なSIMカードを紹介します。

値段的にはもうちょっと安ければなと思いますが

フリーWi-Fiのないところで観光地やお店などの情報が欲しい時、ナビ代わりに使う時など非常に便利です。

悠遊カードと合わせて台湾旅行には必需品ではないでしょうか、お勧めです。

ここのSIM売り場の隣にも両替所があり営業時間は24時間となっています。

24時間