エポスカードのお得度を海外旅行保険やサポート、優待などから考察すると

エポスカードを紹介します。

海外旅行保険の付帯するクレジットカードは結構ありますが、しっかりした補償内容のカードは限られてきます。

例えば、”海外旅行保険 最高2,000万円“とあっても

実際は肝心なところの補償額が少なかったりして、いざという時に役に立たなかった、なんてこともあり得ます。

そうならない為に、エポスカードの補償内容やサポートを詳しく見ていきたいと思います。

海外旅行傷害保険

内容

エポスカード最大の特徴である海外旅行保険は、出発前の手続きなど不要の、持ってさえいれば適用される自動付帯となります。

その内容はこうなっています。

傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任 2,000万円(1事故の限度額)
携行品損害(自己負担3,000円) 20万円(1旅行、保険期間中の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行、保険期間中の限度額)

年会費無料のクレジットカードでは最高レベルで、

特に、起こりやすいと言われる病気に対しては疾病治療費用270万円と、アジアでしたらエポスカードの保険だけでも足りてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

ケガをした場合の傷害治療費用や、破損や盗難にあってしまった場合の携行品損害の額も充実しています。

しかし、このカードは家族カードの発行がありませんから保険が適用されるのは本人会員だけとなり、

家族カードも作りたい場合は他のカード、例えばREXカードなどを選択した方が良いですし、

REXカードの海外旅行保険は自動付帯、高還元のポイントは口座引き落とし時に
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のREXカードを紹介します。海外だけでなく国内旅行保険について、高還元なポイントとその使い道、キャンペーン等について書いていますのでご覧ください。

また、旅行に同行する家族(家族カードが作れない18歳未満の子供)に補償が必要な場合は家族特約付きのカードを選ぶ必要があります。

ミライノカードGOLD(JCB)最大の特徴は海外旅行保険/家族特約もあり
充実の海外旅行保険が付いたミライノカードゴールド、QUICPay(クイックペイ)機能付きで普段の買い物もスピーディーにでき海外でJCBのサービスも利用できるこのカードの特徴を紹介します。

いざという時のために

旅行前に、エポスカードのサイトにある海外旅行傷害保険の「各種資料のご請求」から

「エポスカード海外旅行ハンドブック」

「エポスカード海外旅行傷害保険ご利用のしおり」

を請求して旅行時に一緒に持って行けば、現地サポートデスク、保険の請求方法、緊急時の連絡先などが直ぐに分かり、

いざという時に役に立ちますので請求しておくといいと思います。

epos card

出典:エポスカード

そして、緊急時の緊急医療アシスタンスサービスでは

医療施設の紹介・案内や医療費キャッシュレスサービスなど24時間日本語で対応してくれます、頼もしいですね。

費用と他のカードとの合算

もし、保険を使う事が起きてしまった場合、基本的に費用の自己負担はありませんが

費用が保険金額を超えた時、または費用の一部が保険の対象とならない時は、保険で補償されない費用の不足分および、アシスタンス会社の手数料は自己負担になります。

エポスアイキャッチ

ただし傷害死亡・後遺障害以外は、

他のクレジットカードの保険金額と合算が可能ですので、少なくてももう1枚は旅行保険の付帯する別会社のカードを持っていれば(利用すれば)、

不足分が出ない、または自己負担を少なくすることも可能です。

例えばJCBカードW / W Plus L(利用付帯)も持っていた場合の保険金額はこうなります。

エポスカード JCB W/W Plus L 最高、限度額
傷害死亡・後遺障害 500万円 2,000万円 2,000万円*
傷害治療費用 200万円 100万円 300万円
疾病治療費用 270万円 100万円 370万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円 4,000万円
携行品損害 20万円 20万円 40万円
救援者費用 100万円 100万円 200万円

*一番上の傷害死亡・後遺障害の額だけ多い方が適用され、他は合算されます

ちなみにエポスカードは海外ATMでのキャッシング時、1万円以下なら100円、1万円超なら200円(共に税別)の手数料がかかりますから、

手数料無料のJCBカードもいいと思います。

39歳以下WEB限定のJCBカードW / W plus Lは年会費無料、海外でもJCB
年会費無料で持てるWEB限定、JCB CARD W / JCB CARD W plus Lの海外旅行保険やポイント、サービス、申し込み条件など気になる部分をピックアップして解説します。なかなかお得なカードとなっています。

年会費と通常ポイント

年会費は無料で、高校生を除く日本国内在住の18歳以上から申込み可能、家族カードはありませんがETCカードは年会費無料です。

ポイントは200円(税込)ごとに1ポイント(=1円分)貯まり、還元率は0,5%、

ポイント利用は、専用のプリペイドカードにチャージしたり他のポイントに移行、「ポイントで割引サービス」を使ってネット通販で割り引くことが可能となっています。

スポンサーリンク

優待とポイントアップ

国内では、飲食代10%OFFやカラオケ室料30%OFF、スパ・温泉の入浴料割引などたくさんの優待施設がありまして、

詳しくはエポスカードのサイトをご覧いただきたいのですが、

海外旅行に関しても、優待サイト「エポトクプラザ」や「たまるマーケット」を経由して予約・利用すると、

H.I.S. 3倍
エアトリ 5倍
agoda 6倍
Booking.com 9倍
楽天トラベル 2倍

ポイントアップしますので、これらのサイトは利用したいですね。

また、現在ポイントプレゼントキャンペーン中となっています、詳しくは公式サイト等で確認して下さい。

エポスカード

以上、エポスカードについて見てきました。

家族カードが作れないのと、通常利用時のポイント還元率が低いのがネックですが、

たくさんある優待サイトを積極的に使ったり、もう1枚家族カードの作れる、または家族特約付きのクレジットカードを持っていれば、

このカードは生きてくるはずです、年会費無料ですしね。