バンコク・ドンムアン空港から電車でブリーラムへ/空港から直接向かいます

バンコク・ドンムアン空港から直接、タイの国鉄を利用してブリーラムへ向かいます。

空港からですと7時間前後で着くようですので寝台ではなく、ちょっとリラックスできるシートの2等席で行ってみることにしました。

まずはドンムアン駅に向かいます。

*2018年12月、写真の一部を削除しています

空港からドンムアン駅の切符(チケット)売り場

バンコク・ドンムアン空港の到着ロビーに出ましたら左へ行き

左へ

50mちょっと歩くとAmariホテルの看板が右側に見えてきますので、その隣の扉から入って行きます。椅子が並ぶ横です。

駅へ

小さくですがRailway Stationは上への矢印が出ています。

入ったら1つ上の階に行きまして、矢印の通り左へ行き外階段に出ます。

上がったら外階段

1つ上がると、またすぐに建物内に入りますので左へ行きます。

20~30m先、Amariホテル入り口手前の右側の扉を開けると

ドアから

1本の通路に出ます。

この通路の最初に出てくる案内板には「バンコク方面は右」「北東方面は真っすぐ」となっていますが、真っすぐ行ってしまうと道路に出てしまいますので右に行きます。

右へ

紫色の壁のスロープを下って行くと国鉄ドンムアン駅です。

そのまま一番奥に進み、チケット(切符)を購入します。

チケット売り場

*ドンムアン空港内を紹介していますのでご覧いただければ

バンコク・ドンムアン空港の到着ロビーには多くの両替所、SIMカウンターが
ドンムアン空港内の両替所、SIMカウンターや、到着してから時間がある場合に時間を潰せたり食事のできるフードコート、ラウンジ、コンビニ、喫煙所など国際線ターミナルを中心にご案内します。

時刻表と停車駅

スマホで簡単に時刻表、停車駅がわかる方法がありますので紹介します。

まずグーグルマップを開き、乗車予定の駅(ここではDon Muang)周辺を拡大します。そして、この駅の上でタップしますと、

ドンムアン(Don Muang)からの時刻表が表示されます。

現在の所ブリーラムへ行く列車はほとんどウボン・ラーチャターニー(Ubon Ratchathani)行きで、スリン(Surin)行きもたまにあります。

Ubon Ratchathaniの上でタップすると、

停車駅とその予定時刻が出てきます。アユタヤ(Ayutthaya)も通るのが分かると思います、というわけで帰りにアユタヤへも寄っています。

アユタヤへはナコンラーチャシーマーから電車で行きバンコクへはバンで
ナコンラーチャシーマー駅からアユタヤへ列車で移動し、アユタヤを自転車で観光、そしてバンコクへバンで行きます。タイ国鉄の3等車の車内の様子やアユタヤでの出来事、BTSの乗り方を紹介します。

下へスクロールしますとブリーラム(Buri Ram)が出てきて

乗車予定の停車駅画面はスクリーンショットを取っておくと乗車時に「あと何駅?」と思った時に役に立つはずです。

2018年6月末現在のドンムアン ー ブリーラムの時刻表を載せておきます。

  • 6:29発 ー 11:37着
  • 7:39 ー 14:22
  • 10:51 ー 16:17
  • 12:25 ー 19:16
  • 16:09 ー 23:41
  • 19:42 ー 2:26
  • 21:11 ー 3:34
  • 22:09 ー 4:29
  • 23:26 ー 6:34

ドンムアン駅

16:09発のチケットでも購入可能でしたが、

23:41に到着してもブリーラムでの移動手段がないかもしれないので一本遅らせて、19:42発のチケットを購入しています。

購入にはパスポートが必要で「ブリーラム、セカンドクラス(2等席)」などと言えばOKで

257バーツ(約900円)でした。

乗車~ブリーラム駅

ブリーラム方面へは1つ隣のホームからになります。

向こう側へ

ドンムアン空港で時間をつぶして7時過ぎに駅に戻ってきました。

列車は時間通りとは限らないですから、私もそうですが乗る電車が分からない場合、ホームに駅員が立っていますので近くにいると教えてくれます。

列車到着

チケットにはCAR NOが3、SEAT NOが34と書かれていて、

CAR NOは列車の横に小さくですがプレートが貼ってありますし、駅員が「あれだ」って感じで指さしてもくれました。助かります。

列車内

2等席はほぼ満席で、クーラーはありませんが夜でしたので扇風機と、窓から入る自然の風でそれほど暑くはないです。

出発後、しばらくするとチケットとパスポートの確認に来ます。また、途中の停車駅でお菓子や弁当、ドリンク売りの人が乗ってきます。

アユタヤ駅は人が多いな、なんて見ていたらいつの間にか寝てしまいました。

それとシートが倒せますし前後のシート間が広いので快適です。トイレは車両の端にありますし紙も付いています。

20:00に出発した列車は2:45にブリーラムに到着。

ブリーラム駅

駅員以外にも人がいます。

駅構内で寝ている人もいれば、設置されているテレビでサッカーを見てる人も。自由に使える電源もあります。

私もここでバックを枕に朝まで寝ることにしました。周りに人がいると安心できますね。

6時ごろ駅員が起こしに来ます。全員起こされます。

駅ホーム

ブリーラム駅きれいですね。

昨日空港内で買ったパンで軽く朝食を済ませ、

さすがにこんな早い時間に行ってもチェックインできそうもないので着替えて周辺を散歩してから、トゥクトゥクでブリーラム観光に行きました。

駅前

こちらに続きます。

ブリーラム観光とバンガローに宿泊して/動物と緑の多いのどかな所です
それほど観光地化されていない印象を受けるブリーラム。大通りから1本外れると牛や鳥や犬なども多く緑豊かで、のどかな雰囲気を持っていました。そんなブリーラムの街を少しですが紹介したいと思います。