海外旅行保険が付くデビットカード5枚を比較(年会費無料~10,000円)

持ってるクレジットカードには海外旅行保険が付いてない

や、付いていても不十分だったり

また、クレジットカードが作れない高校生でも持てるデビットカードで旅行保険が付いてるものってない?

とお探しの方にピッタリかもしれないデビットカード5枚です。

デビットカード付帯の海外旅行保険を比較

海外旅行保険付きのデビットカードを

とりあえず、保険にしぼって比べてみました。

みずほ 三菱UFJ スルガANA 楽天ゴールド PLATINUM
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高3,000万円 最高1,000万円 最高1,000万円 最高1億円
傷害治療費用 100万円限度 100万円限度 100万円限度 100万円限度 1,000万円限度
疾病治療費用 100万円限度 100万円限度 100万円限度 100万円限度 700万円限度
賠償責任 2,000万円限度 2,000万円限度 1,000万円限度 1,000万円限度 1億円限度
携行品損害 20万円限度 20万円限度 10万円限度 100万円限度
救援者費用 100万円限度 100万円限度 150万円限度 100万円限度 500万円限度

だいたい補償額は同じような感じなんですが

一番右のPLATINUM(ミライノデビット)は年会費が高いので補償もしっかりしていまして

このPLATINUMとスルガANAは、カードを持っていれば保険が適用される自動付帯

それ以外は

旅行費用などをカード払いした場合に適用される利用付帯になります。

では次に、各カードの特徴を海外利用を中心に簡単に、そしてデメリットも紹介します。

みずほJCBデビット

まずは、みずほ銀行のJCBデビットカードについてです。

詳しくはこちらの記事を見ていただきたいのですが

みずほJCBデビットカードは海外旅行保険が付帯しているがデメリットも
みずほ銀行の「みずほJCBデビット」には海外旅行傷害保険が付帯しています。現金代わりに使えATM手数料も節約できるこのカードの特徴を紹介します。マイナスポイントも多いですがそれを上回るメリットがあります。

実質年会費無料で最高3,000万円の海外旅行保険付き、

JCBプラザ・プラザラウンジが使え

個人的にも使っているカードなんですが、マイナスポイントもあります。

例えば

  • ポイント還元(キャッシュバック)率が0,2%と低い
  • 海外ATMで現地通貨が引き出せない

など

特に海外でATMが使えませんから

VISAやマスターのクレジットカードやデビットカードを既に持っていて、JCBのサービスも使いたい人に向いていまして

海外でのショッピング利用などでは3,4%の手数料がかかるのを覚えておいて下さい。

比較していきます。

三菱UFJ-JCBデビットカード

同じくJCBブランドの三菱UFJ銀行のデビットカードです。

こちらもJCBプラザ・プラザラウンジが使え

タイでJCBカードは?/バンコクのJCBプラザラウンジへも行ってみました
海外では弱い、と言われることがたびたびあるJCBカードをアプリ「たびらば」と共にタイのバンコクを中心に使ってみました。温泉やマッサージの他、くつろぎのスペースJCBプラザラウンジ・バンコクへも行って来ましたのでご覧ください。

海外旅行保険の内容もみずほJCBデビットと同じですが、

海外ATMで現地通貨を引き出すことができ

ポイント還元率も0,3~0,5ポイントとみずほデビットより良いんです、しかし

  • 海外利用時の手数料が高い
  • 23歳を超えると年会費(税別1,000円)を無料にするためには年間10万円以上の利用が必要

など

こちらもデメリットがあります。

このカードをメインに使えば年間10万円はクリアー出来ると思いますが

海外利用時の手数料が1,6% + 3,0%、海外ATM利用時の手数料は1,6% + 3,0% + 税別100円がかかりますから

三菱UFJ-JCBデビット/海外旅行にも適したデビットカードにデメリットは?
メガバンクの1つ、三菱UFJ銀行(mufg)が発行するJCBデビットカードは数少ない海外旅行保険が付くデビットカードです。このカードの特に海外で利用する場合の特徴についてを中心にデメリットも交えて紹介したいと思います。ご覧下さい。

もう1枚、別のカードがあった方が良いです。

Financial Pass Visaデビットカード(スルガANA)

次に、スルガ銀行ANA支店が発行するFinancial Pass Visaデビットカードですが

スルガANAデビット

出典:Financial Pass Visaデビットカード

こちらは国際ブランドがVISA

名前のとおりANAのマイルが貯まり、そして年会費無料です。

メリットもデメリットもマイル

  • マイルを貯めていない人にとっては?
  • 年間利用が100万円未満だとマイルは0

ポイントなどはないですから

マイルを貯めていない人には、あまり魅力は無いと思いますし

このカードもまた海外での手数料が利用時3,0%で、ATMの場合は3,0%に加えて税別200円がかかりちょっと高いんですが

年会費無料で保険が自動付帯ですから

利用付帯のカードを持っている場合に、サブに持っておくというのも良いですね。

楽天ゴールドデビットカードVISA

次は楽天のデビットカードで、VISAブランドのゴールドです。

”ゴールド” と入ることから分かると思いますが、年会費が5,000円しまして

楽天デビットVISA

出典:楽天銀行デビットカード(Visa)

期間限定ですが

ホテル1泊ごとに通常より25%マイルが貯まったり、

空港宅配が1個500円や15%OFFなどの優待もあり

ポイント還元率は1%とデビットカードでは最高クラス、さらにポイントをちょっとした設定だけで海外でも利用する事ができ

楽天市場での買い物はポイント2倍。

なかなか良いカードなんですが、マイナス面もありまして

  • 年会費が高い
  • 年会費5,000円の割には旅行保険の内容がイマイチ

やっぱり、これに尽きると思います。

旅行保険の内容が年会費5,000円にあっていないような気がするんですが、どうでしょう?

しかし

海外利用時の手数料はATMも含めて3,024%で、買い物等の利用時には1%のポイントが付きますから結構お得です。

ミライノデビットプラチナム(PLATINUM)

最後に紹介するのは

ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)です。

マスターブランドのデビットカードは今の所、住信SBIネット銀行が発行するミライノデビットしかなく

年会費無料の通常版と

今回紹介するPLATINUMが年会費は10,000円です。

その代わり

  • 海外空港ラウンジが年3回までですが無料で利用出来る
  • 招待日和によって厳選されたレストランを2名以上の予約で、コース代金1名が無料

など優待が充実していますし、ポイント還元率も1%

旅行保険もほぼ完璧ではないでしょうか。

海外ラウンジが使えるミライノデビットPLATINUMとトラベラーズゴールド
ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)が登場しました。海外旅行保険が付いてラウンジキーで海外の空港ラウンジも利用できるプラチナデビットカード、年会費が同じクレジットカードのTravelers Goldと比べてみました。ご覧下さい。

デメリットは年会費のはずですが

2019年4月15日現在、申し込み多数の為にカード発行が一時中断されていますので相当人気があるようです。

ミライノデビットPLATINUM

出典:ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)

海外利用時の手数料はATMも含め2,5%と少なく

また、米ドルのみですが外貨預金から支払うことも可能になっていまして

住信SBIネット銀行で米ドルの外貨預金~デビットカードで手数料ポイントバック
カンボジアへの計画を立てている時に米ドルが使えることを知ります、住信SBIネット銀行のVISAデビットは外貨預金をして米ドル決済にすれば手数料がポイントバックされる特徴がありますのでやってみます。ご覧下さい。

この場合は手数料2,5%がポイントで返ってきます。

クレジットカードの方が

クレジットカードを持っていない、作れない

以上、5枚のデビットカードを紹介しましたが、

クレジットカードは18歳以上でないと作れませんから

まだ作れない、作れない事情がある人は15、16歳から作れて審査もほとんどないデビットカードを2枚以上持っておくと良いと思います。

1、2枚は旅行保険付き

もう1枚は海外利用時の手数料が少ないカード

海外ATMでの引き出しでお得なデビットカードとそのメリット、デメリット
デビットカードって何?やクレジットカードとの違い、海外ATMでの現金引き出しで手数料がお得なカードをいくつかご紹介します。イオンとSBIがバランスが取れていてお勧めで、デビットカードのメリットとデメリットもあわせてご覧ください。

という感じで。

そして、JCBとVISAという風に別ブランドにしておいた方が良いですが

ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)を1枚でもOKかもしれません。

クレジットカードを持っている、または作る予定

クレジットカードを作れる人は

年会費無料でも結構、保険内容の充実したものがありますので

REXカードの海外旅行保険は自動付帯、高還元のポイントは口座引き落とし時に
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のREXカードを紹介します。海外だけでなく国内旅行保険について、高還元なポイントとその使い道、キャンペーン等について書いていますのでご覧ください。このカードはお勧めです。

などを選ぶと良いですし

クレジットカードを既に持っているのであれば、利用はクレジットカードにして保険を強化する方向で

今回の中から1枚選べば良いと思います。

いずれにしてもゴールドやプラチナは除き、旅行保険付きのカード1枚ではカバーしきれない事も考えられますから

旅行会社の保険に入ったり、1枚追加でカードを作るのがベストです。