海外ATMでの引き出しでお得なデビットカードとそのメリット、デメリット

デビットカードという名前は聞いた事あるけど使ったことない

や、あまり良く知らないという方に向けて

  • デビットカードとは
  • クレジットカードとの違い
  • 海外ATMで現地通貨を引き出す場合に手数料が少ないカード
  • メリットやデメリット

を紹介したいと思います。

デビットカードとは

デビットカードとは決済用のカードのことで、日々の買い物や食事で現金の代わりに使え、

利用代金が即時に口座から引き落とされるのが特徴です。

クレジットカードほどではないですがポイントがたまり現金で支払うよりちょっとお得になる、銀行が発行するカードになります。

もちろん海外のVISA、Master、JCBの加盟店でも利用できますし

ATMで現地通貨を引き出す(海外では出金のみ)ことも出来ます。

中国工商銀行

デビットカードとクレジットカードとの違い

一般的にクレジットカードが月末に支払額が決定し、翌月以降に口座から引き落とされるのに対し、

デビットカードの場合は利用すると口座から即時に引き落とされるため必ず1回払いである、という点が大きく違い

また、

クレジットカードは引き落とし銀行口座を選べます(一部例外あり)が、デビットカードはそのカード発行銀行の口座となります。

SBIのデビットカード

即時に引き落とされるので口座に残高がないと利用できないことから

使い過ぎにならない点がデビットカードの良いところ。

また、デビットカードは15歳,16歳から申請でき審査がほとんどありませんので、

クレジットカードよりも持ちやすくなっています、留学で海外に行く子供さんに持たせるのにも最適だと思います。

海外ATMでの引き出しで手数料が少ないデビットカード

海外ATM利用時の手数料

海外で利用する場合、クレジットカードのように利息(金利)がかからない代わりに

買い物や食事の時は海外事務手数料

ATMでの現地通貨の引き出し時には海外事務手数料に加えて海外ATM出金手数料というものが通常かかります。

そこで、この2つの手数料を低く抑えたデビットカードを紹介したいと思います。

イオン銀行とソニー銀行のデビットカード

まずはこの2種類から

イオン銀行 ソニー銀行
国際ブランド JCB * VISA
年会費 無料 無料
海外ATM出金手数料 216円(税込) 216円(税込)
海外事務手数料 1,6% 1,76%
不正利用の補償 61日前までさかのぼり補償 30日前までさかのぼり補償

*イオン銀行のデビットカードはVISAもありますが、18歳以上から申し込み可能となっていて審査があります。

イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)と、Sony Bank WALLET(VISA)です。

海外事務手数料がわずかにイオン銀行キャッシュ+デビットの方が少なく、海外ATM出金手数料は共に216円(税込)となっています。

具体的に1万円、3万円を海外のATMで引き出した場合のかかる手数料を見てみましょう。

  • 1万円の場合 ー イオン銀行キャッシュ+デビットが368円、Sony Bank WALLET392円
  • 3万円の場合 ー それぞれ696円、744円

では、もう2種類紹介します。

住信SBIネット銀行と楽天銀行のデビットカード

住信SBIネット銀行 楽天銀行
国際ブランド VISA JCB *
年会費 無料 無料
海外ATM出金手数料 無料 無料
海外事務手数料 2,5% 3,024%
不正利用の補償 30日前までさかのぼり補償 30日前までさかのぼり補償

* 楽天銀行デビットカードにはVISAもありますの場合は年会費が1,029円(税込)かかります

住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードと、楽天銀行デビットカード(JCB)です。

共に海外ATM出金手数料は無料で

海外事務手数料はそれぞれ2,5%、3,024%となっています。

では先ほどと同様に仮に1万円、3万円を引き出した場合の手数料を見てみましょう。

  • 1万円の場合 ー 住信SBIネット銀行が250円、楽天銀行が302,4円
  • 3万円の場合 ー それぞれ750円、907,2円

4種類のカードを比べていただきたいのですが

だいぶ離れてしまいましたので新たに2万円の場合も加えて表にしますと

海外ATMでの引き出しでお得なデビットカード

お勧めはSBIとイオン

こうなります。

イオン銀行 ソニー銀行 SBIネット銀行 楽天銀行
1万円 368 392 250 302,4
2万円 536 568 500 604,8
3万円 696 744 750 907,2

お勧めは

1回の引き出し額が2万円位まででしたら住信SBIネット銀行

3万円以上でしたらイオン銀行のデビットカードが手数料を安く抑えることが出来ますね。

イオン銀行キャッシュ+デビットとSony Bank WALLETは

海外ATM出金手数料が固定で216円かかりますから、少額を引き出す場合は少し不利になりますが、

5万円位になってきますと優位の差が大きくなってきます。

というわけで、

住信SBIネット銀行のVisaデビット付きキャッシュカードか、

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードの特徴と使ってみて
住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカードを実際に使ってみて感じたデビットカードの利便性や国内での使い方、海外ATMでの現金の引き出し、万が一の時の為にやるべきことなど書いています。ご覧ください。

イオン銀行キャッシュ+デビットがお勧めとなります。

他2種類をなぜ紹介したかと言いますと、それぞれに特徴がありまして

Sony Bank WALLETの特徴

Sony Bank WALLETは、外貨普通預金を開設しその通貨で引き出した場合、海外ATM出金手数料(216円)がかからず

海外事務手数料1,76%だけになります。

ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」の海外利用について
ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」の特徴、特に外貨預金を海外で使える、国内ATMでの引出手数料と他行宛振込手数料が無料などのメリットや、またデメリットの有無も探ってみます。海外での手数料の低さが魅力の1枚です。

ただし

レートの良い(円高)時に預金しておいて利用時にほとんど変わっていない、または円安になっていればいいですが

逆になって大きく動いてしまった場合は損することになりますもありますので注意(決済通貨を円に切り替えるなど)が必要です。

*表現に誤りがありました、大変申し訳ありません

*円高・円安についてはこちらをどうぞ

投資をするうえで知っておくと役に立つ「円高・円安」についてです
円高と円安って分かりずらくないですか?これが分かると結構便利で「今は円高になってきているから海外旅行はお得だ」とか、「円安だからあの会社は儲かってるのか」など世の中の見方がちょっと変わるかもしれません。

楽天銀行デビットカードJCB

楽天銀行デビットカード(JCB)は、他のカードよりもポイント還元率が1%と高く魅力的な点があります。

ポイント還元率1%以上の楽天銀行デビットカードJCBは普段使いでお得
普段使いで最もお得度の高い楽天銀行デビットカードJCBを紹介します。買い物時やATMといった日本国内での利用から海外ATMまで、このカード・銀行の特徴と、どういった使い方が良いのかまとめています。

*2019年4月追記

さらに、

楽天デビットカード(JCBのみ)は海外ATM利用でも1%のポイントが付きますから、ポイントも加味しますと最もお得なデビットカードになります。

今頃の追記ですいません。

最後にメリットとデメリットを紹介します。

デビットカードのメリットとデメリット

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは、国内の提携先ATMでの手数料が全部または(条件に応じて)何回か無料になりますまして、

例えばイオン銀行キャッシュ+デビットはイオン銀行ATMで、

イオンのデビットカードを持つとATM手数料無料でしかも普通預金は高金利
イオン銀行のJCBデビットカード、キャッシュ+デビットのお得度を見ていきましょう。年会費無料でイオングループではときめきポイント2倍、海外でも手数料が少なくお得で保障もしっかりなデビットカードとなっています。

Sony Bank WALLETはセブン銀行とイオン銀行のATMで原則24時間何度でも無料。

コンビニのATMで日曜日に引き出しても手数料がかからないのは嬉しいですよね。

加えて他行宛の振込手数料が(条件に応じて)月に何回か無料になり

デビットカードのデメリット

デメリットとしては、

  • 海外ATM利用時、デビットカードの手数料よりもクレジットカードでキャッシングした場合に発生する支払利息のほうが安くなることの方が多い
  • ホテルに泊まる際に支払うデポジット(保証金)に利用できない場合が多い

ですので

18歳以上の方でしたら一緒にクレジットカードも持つか

海外へ行くなら持っておきたいクレジットカード/年会費無料のお勧めはこれ
海外旅行保険が充実しているクレジットカードはあるかな、と調べていたところ年会費無料でも結構補償がしっかりしているものが見つかりましたのでエポス、楽天、JCBカードの3種類を紹介したいと思います

現金を必要な分持っておく必要があります。

そして、デビットカードは利用したら即時決済です。もし紛失や盗難にあいカードを利用されてしまうと

その金額は口座から引き落とされてしまいます。

不正利用に対する補償がしっかりとしたカードを選び、前もって使いそうな金額だけを入金しておくか、利用限度額を変更しておく必要があります。

*追記

デビット付きキャッシュカードの海外ATM利用の際の暗証番号はキャッシュカードのではなく、デビットカードの暗証番号です