「中国聯通香港」と「Three中国・香港・澳門」のSIM2種類の特徴と設定

中国本土でグレートファイアウォール(閲覧規制)に引っかからずGoogleやFacebook等が使えるSIMは

2018年3月時点で「中国聯通香港(China Unicom)」と「Three中国・香港・澳門」の他にもありましたが

価格も手ごろだったので、この2種類を使っています。

中国聯通香港とThreeの共通点

両方とも

4G・3Gデータ通信が2GBまで利用可能なデータ通信専用プリペイドSIMであり2GBの上限到達後は通信は止まってしまう

というのが大きな特徴で

中国SIM

次の項でも書いていますが

利用可能期間が両者で違いますので滞在日数に合わせて、どちらか選べばよいかと思います。

その他共通点としまして、

  • 香港経由のローミングSIMである
  • 標準、マイクロ、ナノ3種類のサイズに対応していて手で簡単に切り抜ける
  • 価格は1,250円前後(2018年3月時点)
  • 通話利用不可
  • 周波数 (4G)1800Mhz,2600Mhz(3G)900Mhz,2100Mhz

どちらも中国ではChina Unicomに接続され

周波数は同じで

日本向けのスマホの大半が1800Mhzに対応していますので問題なく使えるはずです。

Amazon


【Three】 中国・香港・澳門 プリペイドSIMカード 30日間 4G/3Gデータ通信2GB

私の使用機種2台(Android)とも2600Mhzには対応していませんが

それでもほとんど4Gで通信できていました。

利用可能期間が違う

中国聯通香港の方は、中国時間を基準として利用開始後7日

日数カウントとなり午前0時までで1日となります。

例えば中国時間23時に利用開始した場合、1時間で1日分としてカウントされますのでご留意ください。

USIM.Cheap China Unicom商品情報より引用

Threeは開通後30日

共に期間中でもデータ通信量が上限に達すると通信は止まります。

約1週間の中国滞在中、グーグルマップ利用のため常に位置情報をON、地下鉄やバス車内では検索したりと結構使ったつもりでしたが

上海地下鉄1日乗車券を使って浦東空港から朱家角と七宝の水郷を訪れる
上海浦東空港に早朝到着。ホテルのチェックインまでは時間がたっぷりありますので地下鉄で行ける水郷2ヶ所、朱家角と七宝に行ってみることにします。地下鉄1日券(カード)を購入し出発します、ご覧ください。

1GBもいきませんでしたので滞在が7日を超えるようでしたらThreeを、

動画等データは結構使うという方は、どちらかを複数枚持って行かれれば良いのではないでしょうか。

*杭州でも使っています

上海から杭州へはバスで/帰りは杭州東駅から新幹線で虹橋火車経由です
上海で地下鉄ばかりに乗っていたので杭州へは長距離バスで行くことにします。行きは浦東空港から、帰りはバスに乗り遅れてしまい杭州東駅から新幹線で。バスや新幹線の乗り方、杭州への行き方をご紹介します。

その他、利用可能国に違いがあり

中国聯通香港は中国と香港、Threeは中国、香港と澳門(マカオ)です。

Yahoo!ショッピング

設定と使ってみて(古い機種はひと手間必要か)

APNとローミング

最近の機種はデータローミングをONにするだけで通信可能になるものもあるようですが、私のは違っていましたのでご紹介します。

スリー

上海浦東空港に到着後、

SIMを入れ替えスマホの電源を入れるとAPNの選択画面が出ましたので

上の「3 mobile.three.com.hk」を選択(中国聯通香港は「unicom 3gnet」)すると

3

ブルーになります。

ブルーに

そして

ホーム画面の「設定」から「その他」、「モバイルネットワーク」とタップしていきデータローミングをONにすれば通信出来るようになりました。

OK

メッセージが何通か来ます。

また、APN設定を手動で行う機種もあります。

その場合はSIM購入時にAndroidとiPhoneのAPN設定手順の書かれた用紙が入っていますので、これを見て設定します。

中国聯通

Androidスマホの一例です。

「設定」→「その他(または「データ通信」)」→「モバイルネットワーク」からデータローミングをONにし

次にAPN設定をします。

「アクセスポイント名」をタップするとAPN画面が出ますので「+」をタップ(機種によってはメニューマークから「新しいAPN」)、

+マーク

アクセスポイントの編集画面になり、「名前」をタップし

名前とAPN

中国聯通香港は「unicom」、Threeは「3」と入力しOKをタップ。

unicom

アクセスポイントの編集画面に戻りますので今度は「APN」をタップし

中国聯通香港は「3gnet」、Threeは「mobile.lte.three.com.hk」と入力しOKをタップします。

3gnet

次に、下へスクロールし「認証タイプ」から「CHAP」を選択。

CHAP

名前、APN、認証タイプが入力できましたら

右上のメニューマークから「保存」をタップします。

保存

丸いマーク辺りをタップして

選択

青になれば完了です。

青〇

通常はこれで通信可能になるはずですが、2~3分待ってもネットに繋がりません。再起動してもダメで

繋がらない場合

この画面の「通信事業者」というのが気になりタップしてみました。

通信事業者

「検索中…」の表示の後、利用可能なネットワークの一覧が出ましたので「CHN-UNICOM」を選択。

CHN-UNICOM

「CHN-UNICOMに登録中…」の後、ネットにつながりました。

OK

ローミングSIMでAPN設定をしてもネットにつながらない時は「通信事業者」を確認してみて下さい。

*2019年4月追記

機種によっては「設定」→「モバイル通信」→「キャリア」→「手動」から通信事業者を選択する場合もあるようです。

スピードは意外と速く

地下鉄車内で何度か3Gに、グーグルマップの位置がずれることもありましたが地上では全く問題ありませんでしたので両方ともお勧めできます。

シムフリーのスマホを持って行かれる方、是非使ってみて下さい。