カンボジアと香港で東南アジア周遊China UnicomのSIMを日本で購入して利用

チャイナユニコム(China Unicom)の香港を含む東南アジアで使えるSIMカードです。

東南アジア周遊のSIMと言ったらAIS SIM2Flyが有名ですが

AIS SIM2Flyの特徴と設定/フィリピン・台湾・日本で利用してみて
日本で購入したSIMカード、AISのSIM2Flyをフィリピンと台湾で使ってみました。ローミングON、APN設定だけではネットに繋がりませんでしたので特徴と合わせて設定方法を中心にご紹介します。

同じローミングSIMでも

より安い1,000円位で手に入れてカンボジアと香港で使ってみました。

シムフリーやシムロック解除したスマホを持って行かれる方、Yahoo!ショッピングやAmazon等で購入できますので参考にして下さい。

チャイナユニコム(China Unicom)のSIM特徴

データ通信のみで通話利用は不可、

8日間で4G・3Gデータ通信が3GBまで利用可能、3GBのデータ通信量を超えると速度は256kbpsになり

チャイナユニコム

利用期間は香港時間を基準として利用開始から8日で

日数カウントです。

例えば香港時間23時に利用開始した場合、1時間で1日分としてカウントされますのでご留意ください

USIM.Cheap Unicomローミング3GB8days 商品情報より引用

日本と香港の時差は1時間、日本とカンボジアの時差は2時間ありまして

日本の方が早く、

例えば香港に到着したのが日本時間のAM0:30だと香港時間はまだ前日のPM11:30で、ここで使い始めてしまうと30分で1日となってしまいます。

バス停

と、8日間前後の滞在の方はちょっと注意が必要ですが

気になったら空港など現地の時計を見て香港時間と比較してもらえればと思います。

利用可能国にはタイ、ベトナムも

利用可能国は

香港、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、フィリピン、インドネシア、ラオスの8ヶ国で

残念ながらSIM2Flyと同じでベトナムは含まれていません。

*2019年1月追記 ベトナムでも利用可能になりました

*2019年3月追記 マカオでも利用できます

Yahoo!ショッピング

周波数帯域(バンド)

周波数を載せておきます。

  • 4Gー2,100Mhz(Band1)、1,800Mhz(Band3)、2,600Mhz(Band7)、900Mhz(Band8)
  • 3Gー2,100Mhz、900Mhz、850Mhz

日本で購入したスマホでしたらBand1、3、8にだいたい対応していますから

問題なく使えるはずです。

設定

SIMは標準、マイクロ、ナノ、と3種類に対応していて

自分のスマホに入っているSIMと同じ大きさに抜き取りセットしたらまずは電源を入れます。

チャイナユニコムSIM

カンボジアでセットしました。

私の使っている機種(HUAWEIのMedia Pad)の場合はAPN画面が出ますが

表示されている「3gwap」をタップしても結果的に繋がりませんでしたので

3gwap

もし「3gwap」が出た場合はこれを選択せずにAPN設定をして下さい。「unicom 3gnet」が出た場合は選択すればOKです。

ホーム画面から

「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」とタップしていき

「メニュー」又は「+」マークから「新しいAPN」をタップ。

新しいAPN

名前に「unicom」、

unicomと入力

続けてその下のAPNに「3gnet」と入力しOKをタップします。

3gnet

下にスクロールして認証タイプで「CHAP」を選択したら

CHAPを選択

保存をタップです。

機種によってはメニューから保存をタップする場合もあります。

保存をタップ

最後に表示された「unicom 3gnet」を選択すれば完了、メッセージが何通か来ます。

unicomを選択

ローミングは、

ホーム画面から「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」とタップしていき「データローミング」でONにすればOKです。

また、

FUJITSU ARROWS M-02など一部の機種はこれでも繋がらない可能性がありますので「通信事業者」を確認し

通信事業者

*2019年4月追記

機種によっては「設定」→「モバイル通信」→「キャリア」→「手動」から通信事業者を選択する場合もあります

通信事業者と使ってみて

カンボジアではMetfone、香港では3HKを選択です。

*2019年3月追記

ベトナムはviettelで、ダナン、ホイアン、チャム島、ドンホイでほとんど4G接続しています。

ダナンからドンホイへの列車移動と、フォンニャ&天国の洞窟ツアー参加
ベトナムの鉄道でダナンからドンホイへ行きフォンニャ洞窟と天国の洞窟を見にツアーに参加してきました。列車チケットの購入や時刻表、駅構内や電車内の様子、ホテル、ツアーについてなど紹介します。

その他の国ではこうなっています。

タイ DTAC
シンガポール Starhub
マレーシア DiGi
フィリピン Globe
インドネシア Indosat
ラオス Star Telecom

*追記 マカオではCTM

設定はちょっとクセがありますが使ってみたらかなり良かったです。

次の項でも紹介しますカンボジアで購入したSmartのSIMと変わらなかったですし、香港でも快適に通信出来ました。


現地SIMカードとの料金比較

カンボジア

シェムリアップ空港ではとても安くSIMを購入することが出来ます。

例えば、

Smartの7日間で20GBインターネット+1,5米ドル分の通話付きのSIMが3ドル(この時のレートで約330円)

スマートと比べて

China Unicomのローミング先でもあるmetfoneの7日間無制限インターネットプラン(通話なし)が同じく3ドルなど

SIMはカンボジアだけでいいという人は現地で買った方が全然安いですね。

香港

香港空港の到着ロビーで軽く見ましたが1,500円位していましたから日本で購入していった方が安いと思います。

(もっと安いのもあるかもしれません)

例えば、

China Mobileの香港で4日間無制限でデータ通信(1日1GBを超えると速度低下)ができ、通話付きで600円位など。

以上です。

*こちらもろしければ

BIGLOBE(ビッグローブ)モバイル・タイプAのSIM/実際の速度と設定など
ビッグローブモバイルのau回線、タイプAのSIMをお得なキャンペーンで契約しましたので設定や速度、解約などについて報告したいと思います。BIGLOBEアプリについても触れていますからご覧いただければ。