チェンライからチェーンコーン(chiang khong)へのローカルバスの旅

別に国境を超えるわけではなく

また、「旅」というほどでもないのですが

カンボジアで見るのとでは違うであろう

シアヌークビルからプノンペンへはバスで~シェムリアップへはバンで
シアヌークビルからバスでプノンペンへ、プノンペンからバンでシェムリアップへの2つのカンボジアでの移動をご紹介します。バスターミナルの場所や休憩所、車内など参考にしていただけたらと思います。バス車内は寒いですから注意です。

メコン川が見たくなった、

水の近くなら暑さをしのげるのでは?と思って

観光客が少なそうなチェーンコーンという町へチェンライからショートトリップしてみましたので紹介します。

チェンライ第1バスターミナルから

チェーンコーンへのバスはチェンライ第1バスターミナルから出ていまして

大型のGREEN BUSでも大丈夫ですし

チェンマイ第3バスターミナルからチェンライへの移動とクロックタワーホテル
タイのチェンマイからチェンライへバスで移動します。チェンマイのバスターミナルまでとターミナル内やチェンライ行きチケットの購入、待合所の様子、そしてチェンライで泊まった安くて良いクロックタワーホテルも紹介しますのでご覧下さい。

こっちの方が快適だと思いますが

せっかくなのでローカルバスで安く行ってみます。

行きのバス

このバスターミナルからは

主要な都市へのバスが昼間に運行していて、上の写真のように行き先と時刻表が書かれていますから分かりやすく、

他の主な行き先には

  • CHIANG SAEN
  • MAE KACHAN(ワット・ロンクンへは20バーツ)
  • MAE SAI
  • PHA YAO
  • WANG NUEA
  • PA DAET

これらがありますので行かれる方は利用してみて下さい。

*ワットロンクン経由でクンコン滝へも行っています

チェンライ観光、クンコン滝へホワイトテンプルを経由してトゥクトゥクで
チェンライ市内からそんなに遠くないクンコン滝へホワイトテンプル(ワット・ロンクン)を経由して向かいます。チェンライからバスで20バーツ、トゥクトゥクで500バーツで安く行けますのでお勧めです。参考になっていればと思います。

ローカルバスでチェンライからチェーンコーン

今回は8:30出発のバスに乗り

出発後に女性スタッフが料金の徴収にきて、65バーツ(約230円)でした。

カフェ・アマゾンのアイスコーヒーと同じ値段、

それはいいとして、ベトナムのダナンで見たような光景が出てきました。

ベトナムっぽい

近くですからね。

それと

このバスは見た目からして、そうとう年季が入っていますが前の方に座ると意外と快適(足の位置が高いからか?)で

午前中でしたので暑くもなく

所々緑

また、窓からは所々緑が見えますが

乾季なのでどこも水が干上がっていて、乾燥が激しい印象を受けました。

11時ごろメイン通り(大通り)からちょっと入ったチェーンコーン(chiang khong)のバスターミナル

バスターミナル

といっても、この建物の手前部分だけ

に到着しました。約2時間半です。

周りは市場で

そして早速メコン川の方へメイン通りに出て

大通り

セブンイレブンの先の通りを東へ。

日差しが強く、だんだん暑くなってきますが一気に行ってしまい、

左へ

見えてきました。

水の近くだからか、若干涼しく感じます。

見えてきた

メコン川沿いを散歩

川沿いを北へ歩き、向こう側のラオスを

そのうち行ってみたいと思いつつ、畑や船も眺めながら

メコン川

レストラン、ホテルもあり

ホテルも

(歩いてきた方向を撮っています)

やっぱり風が当たるので気持ち良いです。

チェーンコーン

日本で購入したAISのSIMカードを使い

グーグルマップを見ながらの散歩です。

Yahoo!ショッピング

レストランでランチ

昼前ですが、せっかくなので

この辺で食事をとることにしました。

ランチ

綺麗な花の前で、いつもより贅沢に(でも130バーツ)

昼なのでジュースで、といっても夜もあまり飲まないですが。

川沿いのレストランから

このレストランには

ちっこい猫がいて、1人でじゃれているんですが

可愛い猫

よく見たら犬?

動きが猫っぽかったので思い込んでしまいました。

と思ったら犬

旅行に行っても、たまにはゆったりするのも良いもんですね。

メイン通りに出て

メイン通り

チェーンコーンバスターミナルに戻ります。

帰りは少し大きなバスで

帰りのバス

行きに乗ったバスと交互にやって来ていて

このバス停からはチェンライ行きしかたぶんなく、4:30~15:45の大体30分おきに出発しています。

*こちらもよろしければどうぞ

イオンJCBデビットはタイでもお勧め/220バーツのATM手数料はかからない
タイのATMでデビットカードで現金を引き出すと220バーツの現地ATM利用料がかかりますが、ベトナムでJCBデビットを使ってみたところかかりませんでした。なので今回はイオンと楽天のJCBデビットをタイで使ってみます。ATM手数料はかかるのか?

チェーンコーンからチェンライへのバス(帰り)

帰り車内

車内は扇風機と自然の風ですが、やはり午後はかなり暑かったです。

といっても2時間半のうち1時間以上は寝ていて

乾燥

3時にチェンライの第1バスターミナルに戻ってきました。

ちょっと遠いですけど観光客の姿があまりなく良いところでしたので、行ってみて下さい。

のんびりしたい人にお勧めです。

チェンライのホテル周辺を散策

ちょっとオマケで、

泊まったチェンライ(クロックタワー)ホテル周辺を紹介します。

クロックタワー赤

チェンライのシンボル的なクロックタワーのライトアップが

7、8、9時に7分間ぐらいタイの音楽に合わせ行われるんですが、これを目の前のお店で見ながら食事中に

反対側から

トカゲ?ヤモリ?イモリ?わかりませんが

1匹だけ、かなり近くまで寄ってきます。

見つめる

今にも食べ物に飛び移りそうですが

帰ろうと思ったら、まだ見てました。

目だけ

可愛いですね。

左右、場所を変えてチャレンジしてきます。

チェンライ市内

朝市も毎朝(たぶん)開かれていて

チェンライ朝市

野菜・果物が中心、たまに肉や魚も見かけ活気があるので行ってみて下さい。

その他、バス停の方ですが

夜はナイトバザールが開かれています。

ナイトバザール

ステージでの生演奏ありだったり

生演奏

踊りありだったりします。

踊り

治安も良さそうですし、車の数もチェンマイより少ないので

チェンライの方が気に入りました。