楽天ポイントをEdyにチャージ~ファミリーマートやサークルKで受け取り

楽天ポイントの使い道の1つに電子マネーEdyへのチャージがあります。

1ポイント=Edy1円分としてポイント移行でき、

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、モスバーガーやコメダ珈琲店などの飲食店、ケーズデンキや高島屋など使えるところも多く、

また

移行したEdyの利用でもポイントが貯まります(200円で1ポイント)のでEdyへのチャージはお得なポイントの使い方だと思います。

申請から受け取りまで紹介します。

楽天e-NAVIから楽天Edyのチャージ

まずは、楽天ポイントからEdyへのチャージ申請を行います。

楽天の会員サイト、e-NAVIにアクセスすることが多いと思いますので、そこから「楽天Edy」をクリックです。

楽天エディ

Edyのページになりますので

「ポイントチャージ」をクリックし

ポイントチャージ

「ポイントチャージ申請」の後、下の「チャージ申請へ」をクリック。

「初めてのポイントチャージ申請から7日間は、申請から受け取りが可能になるまで最大2日かかる」と赤字で出ています。

チャージ申請

楽天会員のログイン画面が出ますからパスワードを入力しログインします。ユーザIDは初めから入力されているはずです。

再度ログイン

表示されたEdy番号(楽天カード番号とは別で、カード裏面に記載されている)を確認しチェックを入れ、

Edy番号確認後✔

下へスクロールし

チャージするポイント数を入力、「申請する」をクリックします。

ポイント数入力

これで楽天ポイントからEdyへのチャージ申請が出来ましたが、

これでチャージが完了したわけではなく、次にEdyを受け取る必要があります。

いくつか方法がありANAの国内線、自動チェックイン機でも可能ですが、

ここでは最も利用されるであろうファミリーマートやサークルK・サンクスの端末での方法を紹介します。

*ポイント投資もお勧めです

積立投資は楽天証券のポイント投資でやるのが最良かもしれません
楽天証券では楽天ポイントを積立投資に使うことが出来ます。投資信託の購入金額の全部、または一部に充てることが可能ですから利用したいものです。また、クレジット決済にしてポイントを貯めることも可能です。

楽天Edyの受け取り

ファミリーマートのFamiポートで

ファミリーマートに入るとこういう端末がありますから

まずは画面をタッチします。

ファミポート

「楽天Edy」をタッチすると

Edy

起動中の画面がしばらく続き、

変わりましたら「Edyを受け取る」をタッチです。

受け取る

「Edyカード・おサイフケータイをセットしてください」と出ますので

楽天カードをFamiポートの読み取り部分にかざします。

ICカード

「選択」をタッチしたら、

ポイントチャージ

金額を確認、「OK」をタッチです。

確認して

再度カードを読み取り部分にかざし、そのままにし

「お受け取りが完了しました」と出たら終了です。

サークルK・サンクスのKステーションで

サークルK・サンクスの場合も同じように「Kステーション」と呼ばれる端末の「楽天Edy」を選び、

「Edyギフト」をタッチして、グリーンの部分にカードを置きます。

サンクス

カードは置いたまま、受け取るEdyを選択したら「次に進む」、そして内容を確認し「受取開始」をタッチ、

”シャリーン”と鳴ったら、「終了」をタッチして完了です。

カードを忘れずに持ち帰りましょう。

*楽天プレミアムカードもお勧めです

プライオリティパスだけじゃない楽天プレミアムカードのお得なポイント
楽天プレミアムカード最大の特徴はプライオリティパスですが、これ以外にもトラベルデスク利用や海外旅行保険が付帯、また国内でもラウンジが利用出来たりと意外と知られていないものも紹介します。ご覧下さい。

注意点

ちょっとした注意点がありまして、

チャージできないポイントがあります。

JCBカード、DCカード、Oricoカードなどの提携企業、楽天証券等のグループから交換したポイントや、

期間限定ポイントはチャージ不可となっています。

また、

ファミリーマートのFamiポートの場合、毎朝4:00~6:00の間の約30分間はメンテナンスが行われるため利用できない時間がある、

ですので該当する場合は諦めて下さい。

使えるお店について詳しくは楽天Edy使えるお店をご覧いただければと思います。