弾いてみた動画をアップしました
よかったらどうぞ

アボカドとリンゴを種から育ててみます、本来は水だけのようですが。

種を植えてみた、パート2です。

パート1もよかったら見てください。

夏みかんとスイカ、美味しく頂いた後は種を植えてみましょう、パート1
夏みかんとスイカの種を植えてみました。いつもでしたら捨ててしまっていますが、家庭菜園、無農薬栽培に興味を持ってしまったので今回は捨てずにとって置いて、まずは鉢を使ってお金をなるべくかけずに今ある物だけで育ててみます。

今回はアボカドとリンゴです。

リンゴは毎日のように食べますがアボカドはめったに食べることはなく、おそらく5年ぶりぐらいだと思います。

アボカド

硬いし味の方はイマイチ、と思ったら

表面が黒くなった頃が食べごろだそうで、ちょっと早まってしまいました。

美容・健康に良く栄養も豊富な食材のアボカド、今後は定期的に摂るようにしたいものです。

というわけで、無事に芽は出てくるでしょうか。

5月中旬、種を植える

5月中旬の晴れた日に種を植えてみます。

用意したのは鉢とそこら辺の土と雨水、それと肥料として卵の殻とバナナの皮(生ゴミ)、写真には写っていませんが落ち葉もあります。

準備

前回の夏みかんとスイカの時と同じように

石を置いて、土、生ゴミ、落ち葉、土の順に入れ、水洗いした種を埋めたら土をかぶせて水をタップリあげて終わりです。

種

種のヌメリは取るのが基本らしいです。

雨が当たる日向に置いて放置すること約10日、

(途中、晴れた日が続いた後に水やりに一度来たぐらい)

5月末日、リンゴの芽が

5月末日に来てみると

リンゴの鉢に芽らしきものが現れました。

リンゴの芽

雑草もあっていい感じです。

この日も水をあげて、そのまま放置し

6月上旬に見てみると、こんなに伸びています(一番右)。

雑草と芽

成長が早い、と思ったら雑草かもしれないですね。

アボカドの方はまだ出てきません。種の位置はもう少し上の方が良かったのでしょうか。

アボカド

6月上旬 アボカドの種を掘ってみる

6月上旬、

アボカドの方が気になるので掘ってみることに。

アボカドの芽

すると、種が割れ白い芽(根?)がほんの少しですが出てきていました。

周りの雑草を取って、芽を上にして今度はかなり浅めに埋めておきます。

6月中旬 リンゴは本物?

リンゴはもしかしたら本物か?と思いながら、様子見しまして

順調

アボカドがやっぱり失敗だったかもしれませんが

もう少し土をかぶせて水をタップリあげて

アボカド失敗

7月上旬も変化はなく

7月中旬 アボカド復活

雨が続いた後の7月中旬の晴れた日に見てみると、

アボカドが

伸びた

真ん中から伸びてきています。嬉しいですね、復活しました。

アボカドは約2ヶ月で芽が出たことになります。

リンゴの方は雑草だろうな(右)、と思っていましたが

中央

どうやら本物っぽいです、ネット上の写真と似ていますので。

中央のが後から種を植えた甘夏で、花が咲いている左側はたぶん雑草です。

アボカドは本来、水だけで

種植えから約2ヶ月、素人なりに適当、じゃなくて一生懸命(のつもり)にやってきました。

ここらへんで、他の人はどうやって育てているのか調べてみたら

アボカドは水だけで良いらしく、本来はケツを下にして水に浸けておくそうですが、

水中

適当に横にして浸けて置いたら

約1週間後、ヒビが入ってきていました。

ひび

そのうち割れてきそうです。

その後、

途中で水を入れ替えたり、水に浸かる部分を替えたりして継続観察します。

8月上旬 アボカドもリンゴも順調

8月上旬の晴れた日、

アボカドもリンゴも順調でした。

ナカナカ

アボカドは木っぽくなってきましたし、

左側の鉢のも(写真ではわかりずらいですが)少し伸びています。

8月中旬 リンゴの鉢を大きいものに

8月中旬、猛烈な暑さが続く日に

このままでは根が窮屈だろうと思い、そろそろリンゴの鉢を大きいものに替えてみました。

大へ

古い方の土ごと移動しまして、肥料なしです。

バッチリ(のはず)です、両方共ここまでは成功で

ナカナカ

アボカドは暑さに強いですから日向に、

リンゴの方は弱そうなので日陰に置いて、今回はここまでです。

カマキリ

カマキリが居座っています(↑)。

リンゴ

以上、

アボカドとリンゴを種から育てる、約3ヶ月間の記録でした。成長したら追記します。

コメント