イオンJCBデビットはタイでもお勧め/220バーツのATM手数料はかからない

ベトナムのATMで現金を引き出した時に

JCBのクレカだけではなくJCBデビットでも55,000VND(約250円)とか66,000VNDの現地ATM利用料がかからない事を確認したので

ベトナムには楽天銀行デビットカードJCBが最適!ATM手数料無料で両替
ベトナムのダナンで楽天銀行のデビットカードJCBで現金を引き出した際に手数料がかかっていなく、今度はハノイのATMで引き出してみました。JCB全てかもしれないのでイオンのカードも使ってみたのでご覧下さい。

次は

1回につき利用料220バーツ(約760円)かかるタイで試してみました。

タイトルはイオンのJCBデビットカードですが楽天のJCBデビットも使い

ATMの使い方と手数料、お店での利用の仕方なども紹介します。

イオン銀行JCBデビットカードをタイのATMで

カシコン銀行(Kasikorn Bank)のATM操作方法

まずは、タイのATMの操作方法で

空港などでも見かけるカシコン銀行のATMで引き出してみます。

イオンで

カードを入れたら

カードを入れる

ちょっと待つと画面が変わりますので

下の数字キーで暗証番号を入力後、右側のボタンを押します。

暗証番号

左側のWithdrawでも大丈夫そうですが、一応「Change Language」を押し

チェンジ

日本語を選択します。

日本語

「引出」を選び

引き出し

金額(今回は2,000バーツ)を選択すると

金額

USドルでのレート、そして220バーツの手数料も出ますが

左側の「No,continue without conversion」を選択します。

(これについては後述します)

コンバージョン

ちょっと待つと現金とレシート、

そしてカードが最後に出てきますので忘れずに。

*バンコク銀行とクルンシィ(krungsri)銀行の操作方法についてはこちらを

タイ・ドンムアン空港のATMでキャッシングとデビットカードでの引出し
バンコク・ドンムアン空港に到着してバス等で移動する前にタイ・バーツへの両替が必要です。クレジットカードやデビットカードでATMから現金を引出した場合はお得なのか2つの銀行で検証してみます。

別の日ですが

楽天JCBデビットでTMBのATM(日本語にはならず)を利用した時も220バーツの手数料表示は出ました。

220バーツ

では、

220バーツの手数料がかかっているのか検証してみたいと思います。

220バーツの手数料は?

出てきた現金は2,000バーツで

レシートには共に220バーツの現地ATM利用料(手数料)も書いてあります。

タイのATMで

そして

イオン銀行デビットカード「キャッシュ+デビットJCB」の明細を見てみると

2,000バーツで7,264円

イオンタイATM

この時のレートが3,48でしたので、元本は6,960円で

イオンの海外事務手数料が1,6%(約111円)+216円なので合計すると約7,287円。だいたいあっていますね。

イオンのデビットカードを持つとATM手数料無料でしかも普通預金は高金利
イオン銀行のJCBデビットカード、キャッシュ+デビットのお得度を見ていきましょう。年会費無料でイオングループではときめきポイント2倍、海外でもお得で保障もしっかりなデビットカードとなっています。

楽天銀行デビットカードJCBの方は

2,000バーツで7,192円

楽天タイATM

レートは同じく3,48として元本は6,960円、

楽天の海外事務手数料が3,024%(約226円)なので合計すると約7,186円で、楽天の方が少なく

ポイント還元率1%以上の楽天銀行デビットカードJCBは普段使いでお得
普段使いで最もお得度の高い楽天銀行デビットカードJCBを紹介します。買い物時やATMといった日本国内での利用から海外まで、このカードの特徴と、どういった使い方が良いのかまとめています。

共に220バーツ(約760円)はかかっていません

というわけで、

タイのATMでJCBデビットカードで引き出した場合は220バーツの現地ATM利用料はかからないことが分かりました。

外にATM

そして、今回は約7,000円を引き出した場合ですが

通常はもっと両替すると思いますので

仮に10,000バーツを両替するのに必要な金額を、イオンと楽天で比べてみますと

  • イオン銀行キャッシュ+デビットJCB ― 約35,573円
  • 楽天銀行デビットカードJCB ― 約35,852円

イオンの方が少ないですが

楽天は海外ATMでもポイントが1%付くので、楽天の方が若干有利です。

No, continue without conversion

先ほどの最後に出てきた画面で「No」の方を選ぶと7,264円、7,194円でしたが

仮に「Yes」を選択するとどうなるでしょうか。

コンバージョン

2,000バーツで67,43USドル、

この日のドル円レートがだいたい109,5でしたので

67,43 × 109,5 = 約7,384円 となりまして、「No」を選んだ場合よりも高くなります。

こういう画面が出たら「No」、または迷ったら「Cancel」を押して別のATMを使った方がと思います。

イオンのJCBデビットをタイ(海外)で利用

では、次に

ATMではなくレストランや買い物時の支払いでデビットカードを利用してみます。

チェンマイ空港到着ロビーやチェンライにあった

カフェ・アマゾンで注文後、

カフェアマゾン

イオンのデビットカードを渡し

出された端末に暗証番号を入力、グリーンの「OK」(「enter」の時もあり)ボタンを押したら

4桁OK

レシートを受け取って終了です。

お店によってはレシートを出されてサインをすることもありますし

これはマックですが、

イオン海外

リーダーに下から差し込むだけで終わってしまう事もあります。

クレジットカードと使い方は一緒で、

手数料はこうなり

  • イオン銀行キャッシュ+デビットJCB ― 1,6%
  • 楽天銀行デビットカードJCB ― 3,024%

イオンが0,5%のポイントが付くので結果的に1,1%

楽天が1,0%のポイントが付き2,024%で、利用の場合はイオンの方がちょっと有利です。

イオン銀行キャッシュ+デビット

JCBプラザラウンジバンコク

そして、イオンや楽天のJCBデビットでも

バンコクなどにあるJCBプラザラウンジが利用できます。

JCBプラザラウンジ

今回はスマホの充電と

紅茶で休憩しただけですが

相変わらずスタッフの愛想もよく日本語が完璧なので気持ちよく過ごせています。

*イオンは9/30までキャッシュバックキャンペーンを行っています

イオンデビットカードの20%キャッシュバックキャンペーンの条件は2つだけ
イオン銀行のデビットカード「キャッシュ+デビットJCB」が今ならお得に作れます。イオンのクレジットカードも対象で新規入会後の利用金額の20%がキャッシュバックされますから、詳しくお伝えします。

以上、

タイでお勧めのJCBデビットカードについてでした。