イオンデビットカードの20%キャッシュバックキャンペーンの条件は2つだけ

イオン銀行キャッシュ+デビットJCBの入会が今ならお得です。

個人的にこのカードは推しているんですが、今回のキャンペーンは他のイオンクレジットカードなども対象で

9/30まで行われています。

では早速、紹介します。

イオンカードのキャンペーンで20%キャッシュバック

キャッシュバック条件

今回のイオンカードキャンペーンで20%のキャッシュバックを受けるには

条件が3つありまして

  • イオンカードに新規入会
  • アプリ「イオンウォレット」でキャンペーンに応募
  • 引落口座をイオン銀行に設定

このうち、

上の2つだけでも10%のキャッシュバック対象になります。

そして、カード利用料金の引落口座にイオン銀行を設定すれば20%になるわけですが、

キャッシュ+デビットJCBは自動的にイオン銀行になりますので、

イオンのデビットカードを持つとATM手数料無料でしかも普通預金は高金利
イオン銀行のJCBデビットカード、キャッシュ+デビットのお得度を見ていきましょう。年会費無料でイオングループではときめきポイント2倍、海外でもお得で保障もしっかりなデビットカードとなっています。

新規に入会してキャンペーンに応募すればいいわけです。

応募については、また後程。

キャンペーン期間

2019年9月30日(月)までに新規に入会をし

その発行されたカードで利用期間中にカードショッピングをすればキャッシュバックされます。

利用期間は3回に分けられ

  • 7/25(木)~7/31(水)、9/2引落とし分の利用明細に記載
  • 8/25(日)~8/31(土)、10/2引落とし分の利用明細に記載
  • 9/24(火)~9/30(月)、11/5引落とし分の利用明細に記載

この期間の利用分だけに限られています。

対象外のカードと利用

ちなみに、

全てのイオンマークのカードが対象ですが、法人カードとサンデーアグリッシュカードは対象外で、

10/15時点で解約していない事も条件になっています。

また、

カード付帯されるWAON、Suicaなどの電子マネーでの利用だったり

WAON一体型

出典:イオンカード 暮らしのマネーサイト

カード払いであっても、

携帯電話や公共料金の引落し、月会費、ATM手数料、プリペイドカード、ギフト券、

それから

メルカリやラクマ、ヤフオクなどの個人間取引が含まれるもの等は対象の取引から外れます。

キャッシュバックと金額

キャッシュバックは11月下旬ごろに引落口座(イオン銀行の口座)へ振り込まれ

キャッシュバックの上限金額は1人につき合計10万円、

1回の利用(1明細)ごとのキャッシュバック上限は1万円です。

20%キャッシュバック

また、他の割引き企画とも併用され

例えば毎月20・30日(今回の場合は30日)の「お客さま感謝デー」は5%OFFになり、さらに20%のキャッシュバックも受けられることになります。

細かいですが、5%OFF後の金額がキャッシュバック対象です。

イオン銀行キャッシュ+デビットJCB

イオンウォレットでキャンペーンに応募

イオン銀行キャッシュ+デビットJCBの申し込み後、

カードが届きましたらイオンウォレットアプリをインストール、

「イオンスクエアメンバーID新規登録」から必要事項を入力・確認してIDを取得し

新規登録

ログインしたらキャンペーンから応募します。

キャンペーンから応募

応募さえしておけば、後はカードを使うだけですね。

イオンウォレット、インストールしてみましたが

  • カード利用明細・イオン銀行口座残高の確認
  • WAON・ときめきポイントの照会や交換
  • 優待施設やクーポンの確認

などが出来ますから入れておいて損はないと思います。

以上です、

イオン銀行キャッシュ+デビットJCBは

イオングループでの買い物でお得なだけでなく、国内でのATM手数料や他銀行宛の振込手数料を節約でき

さらに海外利用でも手数料が少ないお勧めの1枚ですので、

イオンJCBデビットはタイでもお勧め/220バーツのATM手数料はかからない
タイのATMでデビットカードで現金を引き出すと220バーツの現地ATM利用料がかかりますが、ベトナムでJCBデビットを使ってみたところかかりませんでした。なので今回はイオンと楽天のJCBデビットを使ってみます。

キャンペーン中のこの機会に作ってみるのも良いと思います。